ロールスロイス

ロールス・ロイス社は1906年にイギリスで設立された少量生産のプレステージカーメーカーだが、現在は航空機エンジンや船舶関連のエンジンを製造、販売をするロールス・ロイスホールディングスとドイツBMW傘下であるロールス・ロイス・モーターカーズとに分かれている。

チャールズ・スチュアート・ロールズは上流階級育ちで黎明期のモータースポーツに携わり、クロード・ジョンソンとともに、欧州車の輸入ビジネスをおこなっていた。一方、フレデリック・ヘンリー・ロイスは貧しい製粉業者の家で生まれるが、苦学を重ね電気技師となり、その後1904年には自ら自動車製造を始める。そしてそのクルマの販売を取り付けたのがロールズたちであり、別会社のカタチではあるがロールス・ロイスブランドの自動車製造、販売がスタートする。
1971年に経済破綻したが、イギリス国有化されブランドの消滅は免れ、73年にヴィッカースに売却されている。75年にはピニンファリーナによる「カマルグ」が登場し、80年に「シルヴァー・スピリット」が誕生。92年にBMWと提携し、シルヴァー・スピリットの後継モデルとして「シルバー・セラフ」にBMW製12気筒エンジンを搭載して発表した。
2003年にロールス・ロイス・ブランドを獲得したBMWが製造・販売を行なうことになった。BMWは同年、新会社「ロールス・ロイス・モーターカーズ」をイギリス・グッドウッドに設立している。
ロールス・ロイスのラジエーターの頂点に立つシンボル、羽根を広げた精霊像は「スピリット・オブ・エクスタシー」、別名は「フライング・レディ」の名で知られる。

ロールスロイス初のBEV「スペクター」いよいよ登場。23年デビューに向けて熟成中

ロールスロイス・モーターカーズは2022年10月18日、ファントム クーペの後継モデルでありブランド初となるラグジュアリー・クーペの電気自動車モデル「スペクター」を公開した。 https://www....

ロールスロイス「ブラック・バッジ」全車を英のフェスティバル・オブ・スピードで展示

ロールスロイスは2022年6月23〜26日に、イギリスのグッドウッドで開催される「フェスティバル・オブ・スピード」で、ブラック・バッジのビスポークモデルのラインアップを展示した。 クルマの祭典「フェス...

ロールスロイス 「ブラックバッジ ゴースト」が早くも日本上陸

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、2021年10月29日にイギリス本国で「ブラックバッジ ゴースト」を世界初公開したが、11月17日に早くも日本で披露し受注を開始した。 今回、日本で正式発表された...

ロールスロイス 常設ビスポークモデル「ブラックバッジ・ゴースト」を発表【動画】

ロールスロイス・モーター・カーズは2021年10月28日、新たな常設型ビスポークモデルとして「ブラックバッジ・ゴースト」を発表した。 https://www.youtube.com/embed/rgr...

ロールスロイス 電気自動車「スペクター」を発表【動画】

ロールスロイス・モーター・カーズは2021年9月29日、同社の新たな歴史を作る革新的なプロジェクトとして新型電気自動車「スペクター」の概要を発表しました。現在開発中のこのEVモデルはまもなく公道テスト...

ロールスロイス 31億2000万円の究極のワンオフ・モデル「ボートテイル」を製作

ロールス・ロイス・モーター・カーズ本社は2021年5月27日、コーチビルド部門が製作したビスポーク仕様の「ロールス・ロイス ボートテイル(Boat Tail)」を初公開しました。 ボートテイルの発表と...

ロールスロイス 建築家の隈研吾氏とコラボしたビスポーク「ドーン」

ロールスロイスは2021年4月24日、建築家の隈研吾氏とコラボレーションした特別仕様の「ドーン」を発表しました。 隈研吾氏は最近では東京オリンピックのための国立競技場の設計で知られていますが、建築家と...

ロールスロイス 新型「ゴースト」が早くも日本に登場

ロールスロイス・モーター・カーズは2020年10月5日、9月1日に世界初公開した新型「ゴースト」と北京モーターショーで発表した「ゴースト・エクステンデッド」を日本で発表し、価格も明らかにしました。 [...

ロールスロイス 新たなラグジュアリーの頂点 脱・虚飾を目指した新型「ゴースト」がワールドプレミア

ロールスロイス・モーター・カーズは2020年9月1日、オンラインでスーパーラグジュアリー・サルーンの頂点となる新型「ゴースト」を発表しました。 虚飾を排除したシンプル哲学の追求 ロールスロイスのライン...

ロールスロイス 子供たちによる夢の超高級車デザインを募集

ロールスロイスは新型コロナウイルスの感染を避けるため外出を控え、自宅で過ごしている未来のデザイナーを目指す子供たちに向け「夢のロールス・ロイス」のデザインを募集していることを2020年4月30日発表し...
ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

ロールスロイス・モーターカーズは2019年11月13日、ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸予約販売の受付を同日から開始。デリバリーは2020年第1四半期から始まる予定だ。 ロール...

ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」登場

ロールスロイス・モーターカーズは2019年11月7日、スーパーラグジュアリーSUV「カリナン」にブラック・バッジ・モデルを追加したと発表した。このモデルはブラック・バッジとして最もダークで、最も都会的...

ロールス・ロイス ファントム プライバシースイートが日本デビュー【動画】

ロールス・ロイスモーターカーズは2019年5月17日、ロールス・ロイスの最上級リムジン「ファントム」に設定されるロングホイールベース仕様の超ラグジュアリーリムジン「プライバシースイート(Privacy...

ロールス・ロイス初のSUVモデル「カリナン」が日本デビュー

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、2018 年5月にライブストリーミングにてワールドプレミアされた、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」の予約販売の受付を6月11日より全国6拠点の正規ディーラー...

ロールス・ロイス、ベントレーが一堂に集まる「コーンズ コレクション 英国フェア」開催

ロールス・ロイス、ベントレーの正規ディーラーであるコーンズ・モータースは、英国を代表する2ブランドの中古車フェア「British Collection 2018 コーンズ コレクション 英国フェア」を...

ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」世界初公開

2018年、もっとも注目を集めるはずの車種であり、ロールス・ロイスとしても、おそらくは史上もっとも待ち望まれていたモデル「カリナン」が本日、5月10日、グローバルに公開された。 (さらに&hellip...
ロールス・ロイス カリナン 最高のシートを提供

ロールス・ロイス カリナン 最高のシートを提供

ロールス・ロイスは今週、カリナンの完成を控え、最終準備が進められる中、そのシートの一部を公開した。
ロールス・ロイスの新しいハイ・ボディ・ビークルのモデル名が「ロールス・ロイス カリナン」に決定

ロールス・ロイスの新しいハイ・ボディ・ビークルのモデル名が「ロールス・ロイス カリナン」に決定

2015年、ロールス・ロイスは英フィナンシャル・タイムズ掲載の公開書簡において、豪華な旅という概念を塗り替え、どこへでも快適にでかけることのできる、まったく新しいハイ・ボディ・ビークルを作ると発表。そ...

ロールス・ロイス、横浜生まれのハイカラなビスポークモデル「ベイサイド・ドーン」を発表

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、海をオマージュしたビスポークのロールス・ロイス「ベイサイド・ドーン」をロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜の特別仕様車として仕立てた。 (さらに…...
ロールス・ロイス ニューファントムを発表

ロールス・ロイス ニューファントムを発表

ニュー ファントムがロンドンでお披露目された。14年ぶりのフルモデルチェンジでファントムとしては8世代目。92年間の歴史を持つファントムは「世界最高の車」として知られており、ラグジュアリー業界のベンチ...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る