著作権について

Auto Proveが提供しているコンテンツは横浜エフエム放送株式会社が著作権を有します。
Auto Proveに掲載している記事、写真、イラスト、動画、などのコンテンツの著作権は、横浜エフエム放送株式会社に帰属します。また、レイアウト、デザイン、サイトの構造に関する著作権も、横浜エフエム放送株式会社に帰属します。
著作権者の承諾なしにコンテンツを複製したり、電子メディアや印刷物などの他の媒体に転用したりすることは、特定の場合を除き、著作権法に触れる行為となります。

コンテンツの使用

著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を超えてAuto Proveのコンテンツを使用する場合には、著作権者、横浜エフエム放送株式会社の使用許諾が必要となります。Auto Proveのコンテンツを許可なく複製、編集、翻訳、翻案、放送、出版、販売、貸与、などに使用することはできません。
個人がAuto Proveのコンテンツをパソコン等にダウンロードするのは著作権法で認められた「私的使用のための複製」と解釈され、ダウンロードしたコンテンツを使用できるのは、本人かその家族に限られます。

コンテンツのダウンロードについて

個人がAuto Proveのコンテンツを自分のパソコンにダウンロードするのは著作権法で認められた「私的使用のための複製」と解釈されます。ただし、ダウンロードしたコンテンツを使用できるのは、本人かその家族に限られます。個人がダウンロードしても会社などで本人以外に利用させると「私的使用」の範囲を超えます。この場合は営利目的であるかどうかに関わらず、著作権上の問題が発生します。

Auto Proveのコンテンツの使用や著作権、サイトへのリンクについてのお問い合わせは下記にお願いします。
info_ap@fmyokohama.co.jp

横浜エフエム放送株式会社
Auto Prove編集部

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る