ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

ロールスロイス・モーターカーズは2019年11月13日、ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸予約販売の受付を同日から開始。デリバリーは2020年第1四半期から始まる予定だ。

ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

ロールスロイスのダークな分身であるスーパーラグジュアリーSUVの「ブラック・バッジ」は、ロールスロイスの顧客の中でもきわめて個性的な人々の要望に応えるモデルで、リスクを冒し、常識を打ち破って、独自の成功を手に入れようとする顧客をを想定している。

ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

大胆な美を愛し、妥協を拒むライフスタイルを実現する顧客層のための「ブラック・バッジ」モデル・シリーズは、ロールスロイスに新たな顧客層を加え、「ブラック・バッジ」ファミリーの最後を飾る「カリナン ブラック・バッジ」は、ファミリーの中でも最もダークな、最も都会的な性格を明確に打ち出したモデルとされている。

ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

ロールスロイスは通常、乗る人を車両のメカニカルな機能から遠ざけるべく多大な努力が注がれているが、「ブラック・バッジ」は、エンジニアリングの要素が上品に強調され、極上の快適性と大胆なデザイン、先進素材、それに正確で丹念なクラフトマンシップが融合されている。

ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

ボディ骨格はオール・アルミ製の「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」を採用し、排気量6.75LのV型12気筒ツインターボ・エンジンを搭載し、最高出力600ps、最大トルク900Nmを発生。またシフトレバーにある「Low」ボタンを押すと、比類のないな重低音のエンジン・サウンドを発生するシステムも搭載している。

ロールスロイス 「カリナン ブラック・バッジ」が日本上陸

トランスミッションはZF製8速ATを採用。さらに4輪操舵システムも装備している。ブレーキは効き始めるポイントを引き上げるとともに、ペダルのストロークを縮小。高温時のブレーキングを配慮し、ブレーキ・ディスクのベンチレーションも一段と向上。キャリパーはロールスロイスとしては異例の赤色に塗装されている。

カリナン ブラック・バッジ 詳細情報

ロールスロイス カリナン ブラック・バッジ諸元表

【価格】

ロールスロイス カリナン ブラック・バッジ:4530万円から

ロールスロイス カリナン 関連記事
ロールスロイス 関連記事
ロールスロイス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る