ロールスロイス 建築家の隈研吾氏とコラボしたビスポーク「ドーン」

ロールスロイスは2021年4月24日、建築家の隈研吾氏とコラボレーションした特別仕様の「ドーン」を発表しました。

隈研吾氏は最近では東京オリンピックのための国立競技場の設計で知られていますが、建築家と高級車というそれぞれの世界を融合させたユニークなモデルとしてビスポーク「ドーン」が誕生しました。

この特別仕様の「ドーン」は、隈研吾氏が世界的な高級不動産ディベロッパー「ウエストバンク」社から依頼を受け、都心の北参道にできた新たな高級集合住宅「The Kita(サ・キタ)」をデザインしたことで、「The Kita」を表現する移動する芸術作品としてコラボレーションが行なわれました。

なおこの特別仕様の「ドーン」は、「The Kita」の最上階にある多層構造のペントハウス「The Kita Tea House(ザ・キタ ティーハウス)」のオーナーのために製作されています。

ロールスロイスのビスポーク部門は、隈氏とウエストバンク社と協議しながらエクステリアやインテリアの素材、カラーなどすべてが「The Kita」の雰囲気と合致する様に選択されています。その結果、日本ならではの建築様式でもあるスッキリとしたライン、繊細な奥深さを追求。

「ドーン」のボディは光により表情が移変わる「シルバーヘイズ」で塗装され、陽が当たるとブロンズに輝きます。またインテリアの素材は「「The Kita Tea House」のエントランスに多用されているウォルナット材に合わせ、ロイヤル・ウォルナットパネルを採用。インテリア全体はセルビーグレーのレザー張りで統一し、このグレーとコントラストをなすグレーからピアノブラックに変化するグラデーション仕上げのフェイシアが配されています。

この特別仕様の「ドーン」は、まさに究極的な和のテイストである、落ち着き、繊細さを表現した唯一無二の仕上がりと言えます。

ロールスロイス ドーン 関連記事
ロールスロイス 関連記事
ロールスロイス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る