自動車安全評価2020で「レヴォーグ」が最高得点を記録

国交省と独立行政法人「自動車事故対策機構」(NASVA)は、2021年5月25日、2020年度に実施した「自動車アセスメント」の結果を発表し、最高評価にあたる「ファイブスター賞」は6車種が獲得し、スバル・レヴォーグが最高得点を獲得。「ファイブスター大賞」を獲得したと発表しました。

NASVAが毎年実施する「自動車アセスメント」は、その年に発売されたクルマの安全性能に関する様々な評価試験を行ない、その結果を公表するもので、JNCAPとも呼ばれています。現在では、衝突時の安全性能だけでなく予防安全の性能も試験が行なわれています。

このJNCAPを実施するためにNASVAは市販されている状態の車両を購入し、衝突試験、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の試験など、様々な安全性能評価試験を実施し、各項目ごとの試験の結果を車種ごとに点数化して公表します。

2020年度は乗用車が6車種で、ハリアー、ヤリス、ヤリスクロス、フィット、キックス、レヴォーグ。軽自動車は4車種でデイズ、eKワゴン/クロス、タフト、ハスラーの合計10車種で試験が行なわれました。

その結果、最高評価の「ファイブスター賞」を獲得したのは、フィット、ヤリス、ヤリスクロス、ハリアー、デイズの5車種で、デイズ(ハイウェイスター含む)は軽自動車で唯一ファイブスター賞を獲得していることが注目されます。

そしてファイブスター評価の中で最高得点を獲得したレヴォーグが「ファイブスター大賞」を獲得しています。

スバルは、衝突安全性能において、スバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造を採用することで従来モデルに対し、ボディ構造の最適化と高張力鋼板の適切な配置が可能になり、質量増を抑えながら前面・側面・後面すべてで衝突安全性能を大幅に向上さたこと。そしてデュアルSRSエアバッグをはじめ、側面衝突時に備えるSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグ、さらにシートベルトによる拘束保護性能を高める助手席SRSシートクッションエアバッグを採用しており、他社にはない歩行者保護エアバッグを全車標準装備していることで歩行者の頭部へのダメージ軽減を図っていると説明しています。

他車にはない歩行者エアバッグも高得点に貢献

また予防安全性能では、視野を大幅に広げた新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現した新世代アイサイトを全車標準装備し、ソフトウェアの性能向上や電動ブレーキブースターの採用などもあり、交差点の右左折時や見通しの悪い場所での出会い頭など、より幅広いシーンで衝突回避のサポートが可能になったことがあります。

さらにJNCAPの加点要素として、交通事故やトラブルが発生した際に通信でサポートするコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」を採用していることも高得点につながったとしています。

日産デイズは、軽自動車として初めてファイブスター賞を獲得。運転支援技術「プロパイロット(ミリ波レーダー付き)」や先進事故自動通報システム「SOSコール」など、軽自動車で異例の先進技術を搭載し、高得点につながっています。

JNCAP 関連記事
自動車事故対策機構 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る