スバル

{スバル 水平対向エンジン、AWD、アイサイトとユニークな技術が特徴}
航空機メーカーの中島飛行機が戦後再編され、1953年に富士重工としてスタート。1958年にスバルの軽自動車「スバル360」を発売しヒット。1966年発売のスバル1000は、水平対向4気筒エンジンを搭載し、その後のスバルの柱となった。AWDは1972年のレオーネに搭載しコア技術となる。また2008年から本格採用した「アイサイト」はスバルの新たな人気技術となった。そして2017年から社名富士重工業からSUBARUに変更している。

【ニュルブルクリンク24時間レース2024】SUBARU/STI 辰己総監督ラストレースとなる15回目の挑戦 WRX S4改でST4クラスに参戦

SUBARU のモータースポーツ統括会社であるSTI(スバルテクニカインターナショナル)は、2024 年 5 月 30 日から 6 月2 日にかけてドイツ・ラインラント=プファルツ州アイフェル地方のニ...

SUBARU×KINTOを開始 新車サブスクサービスで初期費用フリーや解約金フリープランを提供

スバルとKINTOは2024年5月16日、業務提携契約を締結し、新車サブスクリプションサービス「SUBARU×KINTO」を開始したと発表した。 既報のように、スバルがKINTOの新車サブスクリプショ...

SUBARU スーパー耐久参戦マシンを公開 水平対向ターボエンジンをチューンしたAWDマシン

SUBARU は、ENEOS スーパー耐久シリーズに参戦予定の新型車両を 5 月 15 日に公開した。 WRX S4をベースに水平対向ターボエンジンをチューンしたAWDで参戦 新型車両は、4 ドアセダ...

SUBARU 大崎社長が決算説明会でEVへの移行期とトヨタと共同開発のEVラインアップを公表

スバルは2024年5月13日、決算説明会で大崎篤社長は、2026年に向けてのハイブリッド、EVの開発計画とラインアップを公表した。 スバルは、当面の間はクルマのEV化への移行期と捉え、EV移行初期と位...

スーパーGT2024 第2戦 富士3時間レース SUBARU BRZ GT300悔いが残るガス欠15位完走

スーパーGT2024 第2戦富士3時間レースがGW後半の5月3日(金)、4日(土)に静岡県の富士スピードウェイで開催され、対前年比110%超の8万8400人の大観衆の元、開催された。 見事な五月晴れ、...

SUBARU アイサイトに搭載するチップにAMD社製を採用。従来のアイサイトをより高度にAI化を加速

SUBARUは2024年4月19日、アメリカの半導体メーカー「AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)」とアイサイト用に、ステレオカメラの認識処理とAI推論処理を融合させ最適化したたSoC(システ...

スーパーGT2024 第1戦岡山 SUBARU BRZ GT300 多くの課題を克服して臨みつつも26位フィニッシュ

2024年シーズンのスーパーGTが岡山国際サーキットで開幕した。開幕戦の時期の岡山は寒さや悪天候といった印象もあるが、2024年の幕開けは初夏を思わせる気温と快晴に恵まれ、延べ2万4000人のファンを...

SUBARU フォレスターに特別仕様車を設定

SUBARUは2024年4月11日、SUV「フォレスター」の特別仕様車「STI Sport Black Interior Selection」を発表した。また、特別仕様車「X-EDITION」、「XT...

SUBARU BRZ ワンメイクレース用カップカー「Cup Car Basic」を発表

スバルは2024年4月8日、ワンメイクレース用のBRZ「Cup Car Basic(カップカー ・ベーシック)」を発表した。 The Formula One racing. このBRZ「Cup Car...

3月30日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!

今夜のFMヨコハマ THE MOTOR WEEKLYは、「疲れた心と体に効くぅ~!リラックスできる、快適乗り心地」と題してお届けします。 番組前半は、スバル レヴォーグ レイバックをご紹介。...

スーパーGT2024 富士スピードウェイ公式テスト SUBARU BRZ GT300

スーパーGT2024の公式テストが3月23日(土)、24(日)に富士スピードウェイで行なわれ、前週の岡山国際サーキットに続いて2週連続のテストとなった。土曜日、午前の天気は雨。時折強く降るコンディショ...

SUBARUとパナソニック エナジー 車載用電池供給で協業基本契約を締結

スバルとパナソニック エナジーは2024年3月19日、車載用の円筒形リチウムイオン電池の供給に関する、協業基本契約を締結したと発表した。 両社は2023年7月31日に、市場が急拡大するEV、PHEVな...

【試乗記】スバル レヴォーグ・レイバック 大人感のある快適ドライブと課題のある装備

SUBARUの新型ワゴン「レイバック」を一般公道で試乗してきた。レイバックはレヴォーグの派生モデルで、発売前に公道のワインディングを通行止めにした特設コースで試乗していたが、発売後、ようやく一般公道で...

スーパーGT2024 岡山公式テスト 新タイヤに合わせたセットアップと合算タイムアップを模索

スーパーGT2024のオフィシャルテストが3月16日(土)、17日(日)岡山県の岡山国際サーキットで行なわれ、今シーズンの幕を開けた。 今季は予選方式の変更やカーボンニュートラル燃料(CNF)の使用、...

SUBARUとアイシン eアクスルの共同開発と生産分担で合意

スバルとアイシンは2024年3月12日、スバルが2020年代後半に生産を開始する予定の電気自動車に搭載する、e-アクスルを共同開発、分担生産することに合意したと発表した。 スバルの大崎篤社長(左)とア...

SUBARU 即完売必至の特別仕様車WRX S4 STI Sport♯を発表

SUBARUのモータースポーツ統括会社のスバルテクニカインターナショナル(STI)は2024年1月13日、「WRX S4 STI Sport R EX」 をベースにSTIがチューニングした500台限定...

SUBARUがKINTOと業務提携。2024年夏から開始

SUBARUは2024年1月12日、トヨタKINTOと業務提携し、新車サブスクリプション(定額月払い)サービス「KINTO ONE(SUBARU)」を2024年初夏から開始すると発表した。 SUBAR...

SUBARU /STI 2024年モータースポーツ活動発表 ついに辰己英治さん引退レース

2024年1月12日、千葉県・幕張にある幕張メッセで開催されている東京オートサロン2024の会場で、SUBARU/STIの2024年シーズンのモータースポーツ活動について発表があった。 NBR挑戦は辰...

カーメーカー間に横串を刺す技術研究組合を設立。次世代車両開発に必須のチップレット技術

日本の自動車メーカー、電装部品メーカー、半導体関連企業の12社は2023年12月28日、高性能デジタル半導体(System on Chip:SoC)の車載化研究開発を行なう「自動車用先端 SoC 技術...

スバル ニュルブルクリンク24時間レース2024シェイクダウン「24年はなんとしても勝って帰ってきます」

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、2023年12月21日、富士スピードウェイで2024年のニュルブルクリンク24時間レースに出場する「SUBARU WRX NBR CHALLENGE 20...
ページのトップに戻る