スズキ

{インドでのシェアは絶大 中国 北米を主戦場としていない}
スズキの起源は、1909年に設立された鈴木式織機製作所に始まる。1954年に鈴木自動車工業に改称し、翌年には軽自動車「スズライト」を発売。81年にはGM、いすずと業務提携を締結し、82年にはインド政府とマルチ・ウドヨグ社での自動車生産合弁契約を結ぶなど、積極的に提携や海外進出を図っている。さらに1991年にハンガリーで自動車合弁生産を行なうため、マジャールスズキ社を設立している。インドでのシェアは絶大で、北米、中国を主戦場としない唯一の国内メーカー。

スズキ パワーエックス社と協業を検討へ

スズキは2022年11月11日、定置蓄電池、高出力充電機の製造・販売を展開するベンチャー企業のパワーエックス社と協業の可能性を検討することに合意した。 スズキの主戦場である日本とインドでは、脱化石燃料...

スズキがスカイドライブへ出資 「空飛ぶクルマ」の社会実装を目指す

スズキは2022年9月26日、「空飛ぶクルマ」、「物流ドローン」を開発するSkyDrive(本社:愛知県豊田市)へ出資したと発表した。 スズキとSkyDriveは、2022年3月に「空飛ぶクルマ」の事...

スズキ オーストラリアのApplied EVに出資 ソフトウェア開発強化へ【動画】

スズキは2022年9月12日、次世代モビリティ用ソフトウェア開発の強化にむけて、Applied Electric Vehicles Ltd(本社:オーストラリア ビクトリア州)へ出資すると発表した。 ...

メタンから燃料生成でカーボンニュートラル!スズキがインドで実証事業開始

スズキは2022年8月31日、インド政府関係機関のNational Dairy Development Board(全国酪農開発機構:NDDB)と、インドのカーボンニュートラルの実現を後押しするバイオ...

【リコール】スズキ「キャリイ」のエンジンECUに不具合

スズキは2022年9月1日、軽トラック「キャリイ」のエンジンECUに不具合があるとしてリコールを届け出た。 このリコールは63件の市場からの報告により実施された。不具合の内容は、エンジン制御用ECUの...

遊びも仕事もこの一台で!スズキの新型軽バン「スペーシア ベース」登場

スズキは2022年8月26日、軽乗用車「スペーシア」をベースに新開発した軽商用バン「スペーシア ベース」の発売を開始した。 新型「スペーシア ベース」は、「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現...

インドのマルチ・スズキ 3代目となる新型「アルト」登場

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社は2022年8月18日、新型「アルト」の発売を開始した。 インドにおける「アルト」は、1983年に生産を開始したマルチ・スズキ社の第1号車「マルチ800...

スズキ「ワゴンR」仕様変更 精悍さをアップさせた「カスタム Z」も新設定

スズキは2022年8月2日、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」、福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR 昇降シート車」を一部仕様変更するとともに、新たに「ワゴンR カスタムZ」、「ワゴンR ...

スズキ 新型「ランディ」発売 セレナからノアのOEMモデルにチェンジ

スズキは2022年7月28日、3列シート・ミニバンの新型「ランディ」を8月8日から発売すると発表した。なお、ランディは2007年から3世代にわたって日産のセレナのOEMモデルであったが、今回からトヨタ...

民間6社がCN社会実現に向け「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」を設立

エネオス、スズキ、スバル、ダイハツ、トヨタ、豊田通商の6社は2022年7月20日、次世代の燃料を「つくる」プロセスでの効率化を研究するため、「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」を7月1日に設立した...

スズキ インドで新型 SUV「グランドビターラ」発表 トヨタ工場で生産するグローバル戦略モデル

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ)は2022年7月20日、新型 SUV「グランドビターラ」を発表した。この新型「グランドビターラ」は、トヨタとスズキの業務提携による協業...

スズキ、ダイハツ、トヨタ、CJPTが2023年度に商用軽バン電気自動車の導入へ

スズキ、ダイハツ、トヨタ、Commercial Japan Partnership Technologiesの4社は2022年7月19日、2023年度に商用軽バン電気自動車の導入を目指して取り組むこと...

スズキ「クロスビー」一部仕様変更 フロントグリルやアルミホイールのデザイン一新

スズキは2022年7月13日、コンパクト・クロスオーバーSUVのフロントグリルやアルミホイールのデザインを変更するなどの仕様変更を行ない、8月10日に発売すると発表した。 クロスビー ハイブリッド N...

スズキ SUV市場が盛り上がるインドで新型「ブレッツァ」発売

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ)は2022年6月30日、コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」をフルモデルチェンジした新型「ブレッツァ」をインドで発売開始した。 こ...

トヨタとスズキがインドで協業強化 スズキ車をトヨタ工場で生産

トヨタとスズキは2022年6月24日、インド市場での協業によりスズキが開発した新型SUVを初めてトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)工場で8月から生産を開始する予定となったことを発表した。 トヨタと...

スズキ「ジムニー」仕様変更でMT車にアイドリングストップを追加

スズキは2022年6月20日、クロスカントリーSUVの軽4輪駆動車「ジムニー」、1.5Lエンジンを搭載する小型4輪駆動車「ジムニー シエラ」を一部仕様変更し、7月20日から発売すると発表した。 ジムニ...

スズキ「アルト ラパン」一部改良 レトロモダンな新モデル「LC」登場

スズキは2022年6月17日、軽自動車ハッチバック「アルト ラパン」を一部仕様変更するとともに、新たに「アルト ラパン LC」を追加して発売した。 アルト ラパン X(トラッドカーキメタリック/ソフト...

スズキ インドで再生可能エネルギー由来の電力使用拡大へ

スズキは2022年6月2日、カーボンニュートラルの実現に向け、インドの4輪生産工場で再生可能エネルギー由来の電力使用を拡大していることを発表した。 ハイブリッド型発電所(写真・ReNew社提供) スズ...

スズキ 使用済み小型リチウムイオン電池をリユース

スズキは2022年5月23日、自動車リサイクル料金の収支余剰金を活用した自社公益事業として、市場の廃車から回収したマイルドハイブリッド(エネチャージ)車用の小型リチウムイオン電池をソーラー街灯用電源に...

スズキ「ハスラー」一部仕様変更 特別仕様車「J STYLE Ⅱ」を設定

スズキは2022年5月9日、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更するとともに、特別仕様車「J STYLE Ⅱ」を設定し、5月23日より発売すると発表した。 ハスラー_HYBRID X (全方位モニター付...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る