CX-30

マツダ「CX-30」「マツダ3」1.8LディーゼルのECUパワーアップサービス開始

マツダは2021年9月2日、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.8」を搭載している初期型モデルの「マツダ3」「CX-30」を対象にしたエンジン制御プログラムの最新化サービス「マツダ スピリット...

マツダ「マツダ3」「CX-30」を商品改良 スカイアクティブXエンジンの燃費を改善

マツダは2021年4月26日、コンパクトカーの「マツダ3」とクロスオーバーSUVの「CX-30」を一部商品改良し、発売しました。 [caption id="attachment_198463" ali...

【リコール】マツダ「CX-30」のリヤパワーゲートに不具合

マツダは201年2月18日、「CX-30」のリヤのパワーゲートに不具合があるとしてリコールを届け出ました。 この不具合は市場からの2件の報告によるもので、リヤパワーゲートの駆動ユニットの保持力の設定が...

マツダ エンジンをパワーアップするなど「CX-30」を一部改良

マツダは2020年12月17日、新世代コンパクト クロスオーバーSUV「CX-30」を商品改良し、さらに2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーTOP3選出記念モデルも設定して発売しました。 [cap...

【リコール】マツダ「CX-30」のアダプティブLEDヘッドライトに不具合

マツダは2020年10月15日、CX-30のアダプティブLEDヘッドライトの制御に不具合があるとしてリコールを届け出ました。 この不具合情報は市場からの25件の報告によるもので、アダプティブLEDヘッ...

マツダCX-30体験取材会 クルマがあってよかったなぁ妄想・親子旅行 篇 

マツダが一風変わった試乗会を開催した。通常ギョウーカイの試乗会は1時間とか2時間程度の試乗時間を設け、高速道路や市街地を走行して、商品評価をするというものだが、最近、「クルマの価値」も問われるようにな...

マツダ 「CX-30」にSKYACTIV-Xエンジン搭載モデルが登場

マツダは2020年1月16日、「SPCCI」着火技術を採用した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」(スカイアクティブ・エックス)を、マツダ3に続きクロスオーバーSUV「CX-30」に搭載して...

マツダ アクセサリー・パッケージ「CX-30 シグネチャー スタイル」の受注開始

マツダは2020年1月10日、ショップオプションの純正アクセサリーパッケージ「CX-30 シグネチャー スタイル」の予約受注を開始した。発売は2月3日から。 「シグネチャー スタイル」は、マツダ・デザ...

マツダCX-30 CX-5 CX-8のオフロードトラクションアシストをテスト【試乗記】

「え?マツダが?」という試乗会の案内をもらった。内容は「オフロード試乗会」である。マツダ車のイメージにオフロード走行はほとんどない。CXシリーズはSUVではあるけど、オフロード走行を目的とはせずアーバ...

マツダCX-30【試乗記】国内大本命(1.8LディーゼルターボAWD6速AT、2.0LガソリンAWD6速MT)

マツダCX-30はクロスオーバーSUVだが、レジャー指向に特化しているわけでなく、都会を意識し、日常使いでの扱いやすさにポイントを置いて開発されているモデルだ。だから、ボディサイズにもこだわりCX-3...

マツダ 新型CX-30 ちょうどいいサイズで登場

マツダからCX-3とCX-5の中間サイズに相当する新型コンパクト・クロスオーバーCX-30(シーエックス サーティ)がデビューした。 [caption id="attachment_185773" a...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る