「マツダ3」「CX-30」の一部商品改良とラインアップ追加

マツダは2021年10月28日、コンパクトカー「マツダ3」と、コンパクト クロスオーバーSUV「CX-30」を一部商品改良した。e-SKYACTIV-Xエンジン搭載車に新機種「スマートエディション」と、すべてのパワートレイン搭載車に特別仕様車「ブラックトーンエディション」を追加し予約受付を開始し、発売は11月下旬が予定されている。

マツダ3ファストバックX Lパッケージ

今回の商品改良では、ダイナミクス、燃費、装備などの改良と新ボディ色の追加を行なった他に、機種ラインナップのリニューアル、特別仕様車の追加設定を行なっている。

e-SKYACTIV Xエンジン搭載車は、ドライバーの意のままに走るフィーリングの向上のために、アクセルペダルの操作力の最適化などにより加速フィールと、吸気口やサイレンサーの部品を変更しエンジンサウンドを改良。また、一部機種の燃費を改善したことにより、e-SKYACTIV X搭載車のすべての機種が、2030年度燃費基準における減税対象となっている。

またマツダ3のターンランプに、CX-30で採用している「ディミングターンシグナル」を装備。ボディカラーでは2車種に新カラーとなる「プラチナクォーツメタリック」を、「マツダ3 Sセダン」にはポリメタルグレーメタリックを選択できるようにしている。

CX-30ブラックトーンエディション

e-SKYACTIV Xエンジン搭載車に新たに追加するグレード「スマートエディション」は、意のままに操る自在感と爽快感はそのままに、安心安全装備や日常で便利な快適装備を備えたモデルだ。

さらに、「CX-5」などで設定されている特別仕様車「ブラックトーンエディション」を、新たに「マツダ3」と「CX-30」にも追加している。エクステリアには、ドアミラーカバーとホイールに黒を採用し引き締められた印象に、インテリアには赤色を強調した素材やパーツを採用してている。

価格

マツダ3 X スマートエディション:279万741円(税込み)
CX-30 X スマートエディション:288万7500円(税込み)
マツダ3 ブラックトーンエディション(セダン/ファストバック):236万5000円~348万1500円(税込み)
CX-30 ブラックトーンエディション:266万2000円~358万500円(税込み)

マツダ マツダ3 関連記事
マツダ CX-30 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る