マツダ「マツダ3」「CX-30」を商品改良 スカイアクティブXエンジンの燃費を改善

マツダは2021年4月26日、コンパクトカーの「マツダ3」とクロスオーバーSUVの「CX-30」を一部商品改良し、発売しました。

マツダ3 X L Package (2WD車)

今回、「マツダ3」「CX-30」の新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」搭載車は、ドライバーの意図にリニアに応える動力性能はそのままに、排出ガス性能と燃費を改善。

これにより、ファストバック/セダンのFF6速AT、ファストバックのMT・サンルーフ付き、CX-30は全e-SKYACTIV X搭載車が2030年度燃費基準における減税対象となっています。

CX-30 X L Package (2WD車)

また「CX-30」は、乗る人全員にとって快適さを高めるために全車種のフロント/リヤのダンパー特性を見直しています。これにより、荒れた路面走行でのサスペンションの動きをより滑らかにし、穏やかな乗り心地へ改善しています。

マツダ3 ファストバック価格

マツダ3 セダン価格

CX-30価格

マツダ3 関連記事
マツダ CX-30 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る