マツダCX-30【試乗記】国内大本命(1.8LディーゼルターボAWD6速AT、2.0LガソリンAWD6速MT)

マツダCX-30はクロスオーバーSUVだが、レジャー指向に特化しているわけでなく、都会を意識し、日常使いでの扱いやすさにポイントを置いて開発されているモデルだ。だから、ボディサイズにもこだわりCX-3とCX-5の中間の大きさでデビューした。

CX-3とCX-5の中間サイズとなるCX-30。なぜかCX-4ではないのだが、ボディサイズに拘ったモデルだ
CX-3とCX-5の中間サイズとなるCX-30。なぜかCX-4ではないのだが、ボディサイズに拘ったモデルだ

The Mortor Weekly

ページのトップに戻る