マツダ「CX-30」「マツダ3」1.8LディーゼルのECUパワーアップサービス開始

マツダは2021年9月2日、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.8」を搭載している初期型モデルの「マツダ3」「CX-30」を対象にしたエンジン制御プログラムの最新化サービス「マツダ スピリット アップグレードD1.1」の販売を開始したと発表しました。

マツダは、既存モデルの顧客を対象に、商品性向上を目的としたエンジン制御プログラムなどの最新化サービス「マツダ スピリット アップグレード」を、2021年2月から開始しています。今回は「SKYACTIV-D1.8」エンジンの出力アップグレード第1弾として「D1.1」という名称で販売することになりました。

サービス対象車は、マツダ3は2019年4月2日~2020年11月3日生産車、CX-30は2019年8月6日~2020年11月30日生産車です。

CX-30

「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」情報サイト:https://www.mazda.co.jp/carlife/spirit-upgrade/

エンジン制御プログラムを最新化することで、素早いアクセル操作に対する応答性とコントロール性を向上。燃費性能はそのままに、最高出力が116ps/4000rpmから130ps/4000rpm(+14ps)に上がり、発進から加速の時には応答の良さや力強さを感じられるようになります。

マツダ3

また、高速道路での合流・追い越しなど、アクセルを踏み増して加速するシーン(3000rpm付近で、より力強いトルクを瞬時に生み出し、ディーゼルエンジンの強みであるパワフルな加速を持続的に発揮することができます。

なおこのアップグレードサービスは、販売店でエンジン制御ECUのデータを上書きインストールします。

価格

マツダ スピリット アップグレード D1.1価格:4万6200円(税込)+販売店の工賃

マツダ3 関連記事
マツダ CX-30 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る