Automobile Study

いいクルマは何故いいのか?その根拠となる情報を掲載しています。自動車メーカーからの1次情報、サプライヤーからの情報など、さまざまなネットワークからの情報を整理し探究しています。ブレークスルーのようなハード情報のほかに制御といったソフト面での技術にも注目し、人間の感性に訴えかけてくるクルマの魅力をプルーブしています。

HERE 5G無線で展開を加速させる「ジオデータ・モデル」を発表

位置情報データ、位置情報技術のプラットフォームを提供するHEREテクノロジー(以下、HERE)が2020年3月3日、通信業界における5G無線ネットワークの展開を加速しつつ、ネットワーク計画運営コストの...

住友ゴム プレミアム・コンフォート・タイヤ「ビューロVE304」の技術探求

住友ゴムは2020年1月にダンロップタイヤのプレミアム・コンフォート・タイヤ「ビューロVE304」を発表し、3月1日から市場で発売が開始された。またそのタイミングに合わせて、「ビューロVE304」の性...

SIP「革新的燃焼技術」の研究・開発でガソリン・ディーゼルエンジンの最大熱効率50%達成

この記事は2019年1月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン 2014年に国家プロジ...

最初に自動運転化されるクルマはどんなクルマ?

この記事は2019年1月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン CES2019 日本の...
スバルのハイブリッド車と電動ツインモーターSUVを考察する

スバルのハイブリッド車と電動ツインモーターSUVを考察する

現在、どの自動車メーカーもこれから迎える「CASE」時代にどのように向き合い、どのような道を選択して進もうとするかを示さなければならない状況にある。また、差し迫っているアメリカのZEV規制、ヨーロッパ...

横浜ゴム タイヤの最新技術シリカ配合と基礎知識

横浜ゴムが、メディア向けに最新タイヤに採用されている、技術のプレゼンテーションが行なった。最近のタイヤに欠かせない「シリカ」がテーマで、高性能タイヤから、省燃費タイヤ、スタッドレスタイヤに至るまで、ト...
HERE 3次元道路モデル活用の「HERE Lanes」発表

HERE 3次元道路モデル活用の「HERE Lanes」発表

位置情報データ、位置情報技術のプラットフォームを提供するHEREテクノロジーズは、2020年1月7日〜10日にラスベガスで開催された「CES 2020」で、先進運転支援システム(ADAS)を通じてドラ...

スバルの次世代戦略 2030年代前半に全車電動化と死亡交通事故ゼロを目指す

スバルは2020年1月20日、メディア向けに「スバル技術ミーティング」を開催した。その内容は、久しぶりとなるスバルのブランド戦略と次世代技術の方向性を示すものであった。最初に中村知美社長がブランド戦略...
アメリカでの運転支援システムの評価No1はGMの「スーパークルーズ」だった

アメリカでの運転支援システム評価テスト No1はGMの「スーパークルーズ」だった【動画】

この記事は2018年10月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン アメリカで、国民、消...

昔のヘッドライトは6Vだったが、今やレーザーライトまである進化の軌跡【動画】

この記事は2018年10月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン アウディから登場した...
トヨタとあいおいニッセイ同和損保 コネクテッドカーのデータ活用の事故対応サービス開発

トヨタとあいおいニッセイ同和損保 コネクテッドカーのデータ活用の事故対応サービス開発

トヨタとあいおいニッセイ同和損害保険は2019年12月23日、トヨタのコネクテッドカー(通信モジュール搭載車)から取得できる走行データを活用し、事故時の運転軌跡や運転挙動など運転状況を可視化し、AIを...
トヨタ 常識破りの設計で生まれた「ヤリス」の注目ポイント 第1弾

トヨタ 常識破りの設計で生まれた「ヤリス」の注目ポイント 第1弾

トヨタのBセグメントのハッチバック「ヤリス」は、従来の車名「ヴィッツ」を捨て、世界統一の車名に改め、2019年10月にワールドプレミアが行なわれた。その後、プロトタイプがお披露目されたが、依然として詳...

日産GT-Rニスモが詳しく解る 2020年モデルデビュー

R35GT-Rの2020年モデルの詳細をお伝えしよう。現行のGT-Rは2007年にデビューしているから、息の長いモデルとなったが、さらに深化は進み、また基準車とニスモモデルの明確なキャラ違いもより鮮明...

トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」兄弟車の誕生 共同開発の背景を探る

この記事は2018年12月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン 2018年8月23日...

マツダの次世代エンジン「マツダ3に搭載スカイアクティブ-X」の詳細解説

この記事は2018年12月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン 2018年11月に開...

ZFのVision Zero Days試乗会に潜入

世界的システムサプライヤーのZFが、2019年11月下旬に富士スピードウェイで自動車メーカー向け試乗会を開催した。その最終日に参加できる貴重な機会を得ることができたのでお伝えしよう。 これはB to ...

【新しいEV誕生の予感】日産 新開発の新型SUV用電気駆動4WDシステム搭載実験車を公開

日産は、次世代の電気自動車(EV)に搭載する、電気駆動4輪制御技術開発を目的としたテストカーを公開した。次世代の電気自動車とは、「東京モーターショー2019」に出展した「アリア・コンセプト」の市販モデ...

2020年に向け大規模な自動運転実証実験がいよいよキックオフ

内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」の重要なプログラムである「東京臨海部実証実験」が2019年10月15日に正式にスタートを切った。これは...

トヨタTNGA戦略「もっといいクルマ」のこれからの展開は?

この記事は2018年8月に有料配信したメルマガを無料公開したものです メルマガ登録はこちらから。500円/月まぐまぐから配信中 2018年8月3日、トヨタは2019年3月期 第1四半期の決算説明会を東...

日産 金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表

日産自動車は2019年10月2日、金型を使用しないでボディパネルを成形する「対向式ダイレス成形」技術を開発し、実用化したことを発表した。この技術を活用して、日産はアフタ―サービス部品や、すでに金型のな...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る