NEXCO東日本、「CEATEC JAPAN 2018」に高速道路会社として初出展 スマートメンテナンス・ハイウェイの取り組みを紹介

NEXCO東日本(東日本高速道路)は2018年10月10日、「CEATEC JAPAN 2018(シーテック ジャパン2018)」にスマートメンテナンス・ハイウェイ(SMH)について紹介するブースを出展すると発表した。なお、CEATECへの高速道路会社としての出展は初となる。
NEXCO東日本 CEATEC JAPAN 2018 出展ブースイメージ
現在の高速道路は老朽化に対する維持管理やアップデートの必要性が高まっている。今後ますます増大するこのような課題に対して、今回はICT(情報通信技術)やビッグデータの活用、機械化の導入など最新のテクノロジーを活用した高速道路の維持管理プロセスの生産性向上を目指す「スマートメンテナンス・ハイウェイ(SMH)」の取り組みを紹介する。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る