自動運転によるモビリティ社会への対応に向け 電通と群馬大学が協定締結

株式会社電通(本社:東京都港区)は2018年8月7日、自動運転技術により可能性が広がるMaaS(Mobility as a Service:車両の所有ではなくサービスの組み合わせによる新たな交通体系)を見据えた近未来のモビリティ社会に対応するため、モビリティプロジェクトチームを設置したことを発表した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る