雑誌に載らない話

プロダクト以外の自動車産業にまつわる情報をまとめたもので、企業の中長期目標やブランディングの方向性、企業が目指す世界観など、自動車専門誌には載らない情報を掲載しています。特に、実用領域に達していないが、企業が進めている最新技術などはここにしかありません。プロダクトから一歩離れた視点で、自動車産業を見つめているページです。

トヨタ ウーブン・プラネット・ホールディングスが米国 Lyft社の自動運転部門を買収

トヨタの子会社でソフトウェアや今後のモビリティの開発を担当するウーブン・プラネット・ホールディングスが、世界有数のアメリカの配車サービス会社Lyft(本社 : 米国カリフォルニア州)の自動運転部門であ...

ホンダ 三部敏宏新社長が会見 2040年にEVとFCVを100%に その真意

ホンダは2021年4月23日、4月1日から代表取締役に就任した三部敏宏新社長が記者会見を開き、2050年に向けての交通事故死亡ゼロとカーボンユートラル達成のための今後の戦略や方向性を明らかにした。 今...

自動運転の時代幕開け クルマの歴史が変わった

2020年11月にホンダは国土交通省が定めた自動運転レベル3の基準をクリアしたとして、レジェンドが国土交通省の自動運転・レベル3の型式指定を取得したことを発表した。 レベル3の自動運転とは、制限付き自...

日本のクルマ購入予定者はADASや自動運転車好き?!

このほど、ドイツの大手マーケットリサーチ&コンサルティング会社「GfK」が2020年11月に取りまとめた「クルマの購入に関するモニター調査の結果」を発表しました。調査方法はWEBを使用し、調査対象は今...

日産 生産工場にも産業革命「ニッサン インテリジェント ファクトリー」【動画】

この記事は2020年4月に有料配信したものを無料公開したものです 日産自動車は2019年末に、生産技術を統括する坂本秀行・取締執行役副社長が、次世代の生産技術システム「ニッサン・インテリジェント・ファ...

テスラの戦略 先見の明か テスラがバッテリーメーカーに?

イーロン・マスクCEOが率いるテスラ社は、アメリカで今やGAFA以上に人気の高い企業となり、多くのファンドや一般のファンに支えられていることは良く知られている。そしてコロナ禍下にある2020年7月以降...
ロシア製エグゼクティブ・リムジン「アウルス セナート」

ロシア製エグゼクティブ・リムジン「アウルス セナート」

この記事は2020年1月に有料配信したメルマガを無料公開したものです。 2019年6月に開催された「G20大阪」(主要20か国首脳会議)で、日本に初めて「アウルス セナート」が登場した。乗るのはもちろ...

国交省 ASV自動運転先進技術を搭載したクルマの技術定義を発表

国交省は、内閣府主導の自動運転技術の推進とは別に、古くから自動車、交通における安全性の向上にターゲットを絞った「AVS(先進安全自動車)の推進にも取り組んでいる。「ASV推進計画」がスタートしたのは1...

トヨタ 水素社会実現を加速させるための「水素バリューチェーン推進協議会」に参加

トヨタは2020年12月7日、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会」に加入したと発表しました。 「水素バリューチェーン推進協...

ホンダ 自動運転レベル3搭載の「レジェンド」が国交省の型式指定を取得

国土交通省とホンダは2020年11月11日、国土交通省が定めた自動運転レベル3の規制をクリアしたとして、「レジェンド」が国土交通省の型式指定を取得したことを発表しました。 [caption id="a...
【有料配信中】高齢ドライバー対策で2021年秋から世界初となる自動ブレーキを義務化

高齢ドライバー対策で2021年秋から世界初となる自動ブレーキを義務化

この記事は2019年12月に有料配信したものを無料公開したものです。 国交省は2019年12月17日、日本の新型乗用車を対象に、2021年11月から自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の搭載を義務付け...

トヨタ 水素燃料電池大型トラックの走行実証を2022年春頃に開始

トヨタは2020年10月13日、アサヒグループホールディングス、西濃運輸、NEXT Logistics Japan、ヤマト運輸、日野自動車と燃料電池大型トラックの走行実証を行なうことに合意したと発表し...

トヨタとデンヨーは水素で発電する燃料電池電源車を共同開発し実証運転を開始

トヨタとデンヨーは2020年9月17日、水素を使用して発電する燃料電池電源車(FC電源車)を共同開発し、今後、実証運転を通じて実用化に向けた取り組みを進めると発表しました。なおこの取り組みは環境省のC...

【ステランティス】FCAがPSAと統合し新グローバル自動車メーカーに

この記事は2019年11月に有料配信したものを無料公開したものです。 フィアット、、クライスラー、ジープなどの合計13ブランドを持つFCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)と、プジョー、シトロ...

ams 新型コロナウイルスの高速、高精度な検出センサーを開発

オーストリアに本社を置き、LiDARや3次元立体画像センサー、立体照明など自動車分野などで高性能センサーの設計、開発、製造のグローバルリーダーである「ams」社は、2020年8月27日に、新型コロナウ...

2020年を乗り越えられるか 自動車メーカー各社の第1四半期を分析 

新型コロナウイルスの猛威は、中国やベトナムなど東南アジアの一部の国、そしてヨーロッパ諸国での感染は収束傾向にあるが、アメリカ、南米、アフリカ、インドなどは今でも感染が拡大している。そのため世界的なレベ...

消えたゴーンの夢想と棚ぼたのフランス政府 FCAとPSAが正式に統合 世界第4位のグループに!

この記事は2020年1月に有料配信したものを無料公開したものです。 2019年10月末に、フィアット、クライスラー、ジープなど合計13ブランドを持つFCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)と、...

近未来の車内インターフェース「対話型アシスタント」

この記事は2019年10月に有料配信したものを無料公開したものです。 音声認識と人工知能のソフトウエアを開発し、商品として提供している「ニュアンス・コミュニケーションズ」は、自動車用の音声認識と人工知...

まだまだ拡大する新型コロナウイルスの影響 自動車業界は2020年を見通せず

中国政府は2020年6月7日、「新型コロナウイルス白書」(正式名称:新型コロナウイルスに立ち向かう中国の行動)を発表し、湖北省 武漢市などを中心とした新型コロナウイルス感染を収束させたことを世界に向け...

日産は最大の危機を乗り切れるのか

日産がかつての倒産危機であった1999年と同レベルの危機に陥っている。1999年の日産は、2兆円の有利子負債を抱えるに至り、手持ち資金が枯渇して倒産寸前まで追い詰められた。当時の塙CEOが世界各社の自...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る