2018年を代表するクルマを決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考委員に聞いてみた 最新情報 10ベスト取材会開催

「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決める「10ベスト取材会」が2018年11月20日(火)、静岡県小山町の富士スピードウェイで実施された。

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、日本のモータリゼーションの発展とコンシューマーへの最新モデルおよび最新技術の周知を目的として1980年に創設されたもので、現在は一般社団法人 日本カー・オブ・ザ・イヤーにより運営されている。
今回で39回目となり、「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象に、ノミネート車として国産、輸入車16ブランドから全27台がノミネートされている。
※関連情報:2018-2019年度ノミネート車情報(日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト)

この27台から自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60人の選考委員による審査・投票が行なわれ、2018年11月7日に10ベストカーが選出された。
※関連記事:今年を代表するクルマを決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2018年の「10ベストカー」決定

そして、本選となる12月7日(金)開催の最終選考会〜表彰式に向けての取材会が行なわれた富士スピードウェイで、数名の選考委員に今年の印象を聞いてみた。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る