【TRW】フレキシブルチューブ式センサーを備えた第2世代の歩行者保護システムを開発

TRWオートモーティブ社の第2世代歩行者保護システム
TRWオートモーティブ社の第2世代歩行者保護システム。フロントバンパー内部にフレキシブルチューブ式圧力センサーを装備し、歩行者の衝突部位を認識する

2012年7月30日、アメリカの自動車部品メーカーのTRWオートモーティブは、第2世代の歩行者保護システム(PPS)を発表した。歩行者との接触を正確に検出する加速度・圧力検知技術を装備したこの次世代PPSは、一段と信頼性の高められたシステムとなっている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る