ダンロップ「LE MANS V+」発売 安全性と快適性を高次元で両立

住友ゴムは2023年1月12日、安全性能と快適性能を高次元で両立させたコンフォートタイヤ「ダンロップ LE MANS V+」を2月1日から順次発売する。発売サイズは全67サイズで、価格はオープンプライスとなっている。

「LE MANS V+」は、これまでの「LE MANS V」の後継タイヤとなっている。プレミアムカー向けグローバル・フラッグシップ・タイヤ「SP SPORT MAXX 060+」で採用した天然由来のサステナブルシリカ分散剤を用いることで、安全性能ではウエットブレーキ性能を2%向上、快適性能でも突起乗り越し時の入力を7%低減することで乗り心地性能も向上している。

さらに「LE MANS V」で採用した全体で振動を吸収するサイドウォール、振動を吸収するパターンデザイン、空洞共鳴音を低減する特殊吸音スポンジ「サイレントコア」を継続して採用することで高い静粛性能を発揮し、新たに運用が開始されたラベリング制度「低車外音タイヤ」にも適合している。

また、デザイン面では、15インチ以上のサイズに独自の鮮やかな黒色デザイン技術「Nano Black」を採用し、印象的で洗練されたサイドウォールデザインになっている。

ダンロップ 関連記事
ダンロップ 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る