スズキ スペーシアを改良 軽自動車初のステレオカメラ搭載 燃費も32.0km/Lに

スペーシア X  デュアルカメラブレーキサポート・全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車( シフォンアイボリーメタ)
スペーシア X  デュアルカメラブレーキサポート・全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車( ボディカラー:シフォンアイボリーメタ)

2015年5月19日、スズキは軽乗用車スーパーハイトワゴンの「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を一部改良し、同日から発売した。今回は改良型S-エネチャージを採用することでクラストップレベルの低燃費32.0km/Lを達成するとともに、軽自動車で初めてステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載している。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る