2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーはインプレッサスポーツ/G4が受賞

_I0I4952
2016年12月9日、東京・青海の東京国際交流館において第37回日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が行なわれた。この最終選考に残った10ベストカーはインプレッサスポーツ/G4、プリウス、フリード/フリード+、セレナ、M2クーペ、A4シリーズ、F-PACE、アバルト124スパイダー、Eクラス、XC90という、スポーツカーやファミリーカー、SUV、エコカーなど、さまざまなジャンルを代表するクルマばかり。その中から59名の選考委員の投票によってカー・オブ・ザ・イヤーと、各部門賞が決定した。

_I0I4938
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー スバル インプレッサスポーツ/G4

授賞理由
新開発のスバルグローバルプラットフォームなどにより質の高い走行性能を持つとともに、国産車初の歩行者保護エアバッグ、運転支援システムのアイサイトをはじめとする多くの安全装備を標準装着するなど世界トップレベルの安全性能も実現したことは見事。さらに200万円を切る手頃な価格からラインナップしたことも高く評価した。

_I0I4997
インポート・カー・オブ・ザ・イヤー アウディ A4シリーズ(Sedan/Avant/allroad quattro)

授賞理由
アウディの中核モデルとして役割を十二分に果たす全体的な完成度の高さを持っている。ラインナップが豊富で、さらに運転支援システムやコネクティビティ、インフォテイメントシステムなどは最新のものを装備していることも評価した。また、クオリティの高い走行フィールを実現していることにも好印象を受けた。

_I0I5021
イノベーション部門賞 日産 セレナ

授賞理由
比較的手頃な価格により量販されるミニバンにおいて、安全につながる運転支援システム「プロパイロット」を搭載したことは、交通事故のない社会を実現するための一歩として大いに評価できる。また、デュアルバックドアやハンズフリースライドドアなどの装備についてもイノベーティブであると判断した。

_I0I5040
エモーショナル部門賞 BMW M2クーペ

授賞理由
コンパクトなFRスポーツモデルとして極めて完成度が高く、ドライビングが楽しいことが大きな魅力である。レスポンスがよくリニアに吹け上がる3リッター直6DOHCエンジンの回転フィールは滑らかで素晴らしく、ステアフィールも絶妙、BMWの「駆けぬける歓び」が100%実現していることを高く評価した。

_I0I5054
スモールモビリティ部門賞 ダイハツ ムーヴ キャンバス

授賞理由
セミトールボーイでスライドドアを採用するということで、新しい軽自動車ワゴン像を提案した点を評価した。さらに内外装のデザインやカラーリングもユニークで非常に魅力的であるし、走行性能についても満足できるレベルだ」。軽自動車の未来へ向けた可能性を広げたという点においても高い評価をした。

_I0I5062
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞 ホンダ NSX

授賞理由
運動性能に優れたハイブリッドスーパースポーツカーとして高い完成度を見せた。日本が得意とするハイブリッド技術で未来のスポーツカー像を提案したことは意義深い。年間販売予定が日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート基準の500台に満たない100台なため特別賞として記録に留めるべきと判断した。
coty_pointranking
_I0I4902

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る