マツダの新塗装技術「アクアテック塗装」が、第6回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」を受賞

P1J10100l
マツダ ロードスターにも採用されている「ソウルレッド」

2015年11月9日、マツダは、第6回ものづくり日本大賞において、揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術「アクアテック塗装」が、内閣総理大臣賞(「製造・生産プロセス」部門)を受賞した。ものづくり日本大賞の「製造・生産プロセス」部門の内閣総理大臣賞は、製造・生産工程における画期的なシステムや手法の開発・導入によって、生産の抜本的効率化など、生産革命を実現させた個人またはグループを表彰するものである。マツダが内閣総理大臣賞(「製造・生産プロセス」部門)を受賞するのは今回が初となる。


ページのトップに戻る