マツダの新塗装技術「アクアテック塗装」が、第6回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」を受賞

P1J10100l
マツダ ロードスターにも採用されている「ソウルレッド」

2015年11月9日、マツダは、第6回ものづくり日本大賞において、揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術「アクアテック塗装」が、内閣総理大臣賞(「製造・生産プロセス」部門)を受賞した。ものづくり日本大賞の「製造・生産プロセス」部門の内閣総理大臣賞は、製造・生産工程における画期的なシステムや手法の開発・導入によって、生産の抜本的効率化など、生産革命を実現させた個人またはグループを表彰するものである。マツダが内閣総理大臣賞(「製造・生産プロセス」部門)を受賞するのは今回が初となる。

P1J11159s
アクアテック塗装

今回の受賞にあたり、「塗装工程の工程革新と塗料の機能集約により、塗料やエネルギーなどの資源効率を飛躍的に向上。これにより、トレードオフの関係にある、揮発性有機溶剤(VOC)排出量とCO2排出量の同時削減を実現。さらに、この技術をカラー開発にも適用することで、ソウルレッドに代表される高意匠カラーを実現するなど、環境/品質/経済性の相反する課題を総合的に解決。アクアテックのものづくり革新技術は、自動車塗装工場にとどまらず、塗装業界全体へ広く普及することが期待される」との評価を受けた。

【受賞概要】
業績名:揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術「アクアテック塗装」
受賞者:
菖蒲田 清孝 (しょうぶだ きよたか) マツダ株式会社 常務執行役員
圓山 雅俊 (まるやま まさとし) マツダ株式会社 常務執行役員
素利 孝久 (そり たかひさ) マツダ株式会社 特別顧問
農沢 隆秀 (のうざわ たかひで) マツダ株式会社 技術研究所 技監

マツダ アーカイブ

マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る