マツダのEV「MX-30」を発売 2020年秋にはマイルドハイブリッド モデルもデビュー

マツダは2020年7月31日、2019年の東京モーターショーで公開したコンパクト クロスオーバーの電気自動車「MX-30」を今年度内にリース販売を開始すると発表しました。さらに「MX-30」のラインアップにスカイアクティブ-G 2.0Lガソリンエンジンに24Vマイルドハイブリッド システム(M ハイブリッドと呼称)を組み合わせた「e-スカイアクティブ G」を搭載したモデルを設定し、秋に発売することも明らかにしました。

EV「MX-30」

「MX-30」はグローバルCセグメントサイズのクロスオーバーで、新しい都市型ライフスタイルを提案するクルマとされています。

そのため従来の魂動デザインの方向性を変化させ、多彩な使い方ができる観音開きタイプのフリースタイルドアを採用しています。キャビンのパッケージを工夫することで使い勝手の良さを追求し、インテリアもラウンジ風のデザインになっています。ただし、リヤ席のスペースはフロントのくつろぎ感に比べ狭めで、前席優先のレイアウトといえます。

すでにヨーロッパでは先行受注を開始しているクロスオーバー電気自動車「MX-30」ですが、ボディサイズは、全長4395mm、全幅1795mm、全高1570mm、ホイールベース2655mmのCセグメント サイズですが、マツダ3よりホイールベースが70mm短く、マツダ2より85mm長いという中間的なサイズになっています。

最小回転半径は5.7m。最低地上高は130mmで、クロスオーバーとはいえ通常の乗用車と同等になっています。ラゲッジ容量は366L/1171L。

注目のリチウムイオン バッテリー容量は35.5kWhで、水冷式。都市部での使用を前提に航続距離は約200kmと短めの設定です。充電は50kW出力の急速充電器で30〜40分で80%の充電が可能です。

モーターの出力は145ps/271Nm。動力性能は0-100km/h加速は9.7秒、最高速度は140km/hです。

日本ではリース販売されますが、ヨーロッパ市場での販売を優先し、日本市場では限定的な台数になることが予想されます。価格は、ヨーロッパ市場では400万円となっています。

「e-スカイアクティブG」搭載のMX-30

実は、Mハイブリッド システムを搭載した「e-スカイクティブG」エンジンは、ヨーロッパ市場ではマツダ2、マツダ3、CX-30などの車種にオプション設定されています。つまり、Mハイブリッド付きか通常のスカイアクティブGかを選択できるようになっています。

そしてMハイブリッドは、すでに発売されているスカイアクティブXエンジンには標準装備されていますが、スカイアクティブGエンジンとの組み合わせは日本初登場となります。

その「e-スカイクティブG」を搭載したMX-30が、メインモデルとして2020年秋に発売されるわけです。

「e-スカイクティブG」は24Vマイルドハイブリッドで、ベルト駆動式スターター/ジェネレーター、リチウムイオン バッテリーを組み合わせ、エンジン始動、減速時のエネルギー回生、加速時の駆動アシストを行なうようになっています。

MX-30の詳細情報や価格などは未公表ですがCX-30よりやや低めの価格になるのではと考えられています。

マツダ MX-30 関連情報
マツダ 関連情報
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る