【メルセデス・ベンツCクラス試乗記】俊敏さを目指したボディコントロールで、乗り心地の違いをテストドライブ

マニアック評価vol628

【メルセデス・ベンツCクラス マイナーチェンジ試乗記】

メルセデス・ベンツCクラスが2018年7月にマイナーチェンジしているが、長野県軽井沢周辺で試乗する機会を得たのでお伝えしよう。
※関連記事:【メルセデス・ベンツCクラス試乗記】電動化された新パワートレーンはダイナミックでパワフルに

ル・グラン軽井沢ホテル&リゾートをベースに2日間試乗した
ル・グラン軽井沢ホテル&リゾートをベースに2日間試乗した

Cクラスには、C180セダン/ワゴンのアバンギャルドAMGラインにだけ装備される「ダイナミックボディコントロール」というアダプティブダンピングシステムを持つモデルがあり、電子制御ダンパーとコイルスプリングの組み合わせで、ドライブモードによってダンパー減衰が可変するタイプだ。

C180アバンギャルドAMGライン
C180アバンギャルドAMGライン

また、C200/C220dのセダン/ワゴンのアバンギャルドAMGラインを選択すると、エアサスペンションと電子制御ダンパーの組み合わせになるエアボディコントロールがある。そしてAMG C43にはAMGライドコントロール スポーツサスペンションというコイルスプリングのコンベンショナルな組み合わせがある。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る