【メルセデス・ベンツ】S クラスに新エンジン搭載。S350はクラス初のエコカー減税対象車に

メルセデスベンツ日本は2011年7月22日、トップレンジセダンのSクラスをマイナーチェンジ。新開発の3.5LV6型、4.7LV8型直噴エンジンに変更し、走行性能と燃費経済性、環境適合性を大幅に高めた4グレードを発売。「 S 350 BlueEFFICIENCY」は同クラスのガソリンエンジン搭載車として、初のエコカー減税対象車になった。


ページのトップに戻る