【コラム】「「Hey!」じゃなくて日本では「Hi!」でよかった!そして中国では…!?」~メルセデス・ベンツ新型Aクラス

VOL.118 吉田由美のピンポイント&チャームポイント

今回4代目となるメルセデス・ベンツ新型Aクラス。
1997年に発売された初代Aクラスは、背が高いミニバンスタイル。リーズナブルでカジュアルなコンパクトサイズのメルセデスということで、若者や女性、あるいはファーストメルセデスのユーザーを取り込むモデルとして登場しました。が、最初は注目を集めたものの、今ひとつファミリー感や商用車感が漂い、その後は伸び悩み。
吉田由美の「ピンポイント&チャームポイント」 メルセデス・ベンツ新型Aクラス

3代目で今のスポーティなハッチバックスタイルに大変身。そしてファミリー向けというより、スタイリッシュ寄りになって、お洒落でスポーティにイメージチェンジを図りました。個人的にはこのデザインになって好感度アップです。

そして4代目の新型Aクラス。
フロントマスクは、大きな口を持ち、フロントバンパーにはキラキラ輝くダイヤモンドヘッドグリルとシルバーのルーバーでAクラスを印象付けていますが、全体的には今ドキなメルセデスのプロポーション&メルセデス顔。フロントヘッドライトは18個のLED、最新のマルチビームLEDヘッドライトが状況に応じて精密に自動制御してくれます。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る