コンチネンタル

ドイツ・ハノーファーに本社を置く1871年創業のグローバルサプライヤーで、売上高では世界4位。自動車用タイヤが有名だが、車両システム全般、ブレーキシステム、運転支援システム、車載エレクトロニクスなどが70%の売上を占め、タイヤ部門の売上は30%。ドイツの民族資本のサプライヤーとしてタイヤメーカーから、ブレーキのアルフレッド・テーベス、モトローラのカーエレクトロニクス部門、シーメンスの自動車用電子部品部門を買収するなどしてメガサプライヤーに成長した。現在は、シャシー&セーフティ、パワートレーン、インテリア、タイヤなどをグローバルに展開。タイヤ部門はヨーロッパにおける新車装着ではナンバーワン。

横浜市がIoTやAIを活用した新たなビジネスモデルの創出へ

横浜市は「I・TOP横浜」を通じた実証実験支援を行なうことで、IoTやAIなどの先端技術を活用した生産性向上や社会課題の解決への貢献、新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいる。 そしてメガサプライヤ...

【CES2022】コンチネンタル 次世代車両向けの先進技術を出展

メガサプライヤーのコンチネンタル社は2022年1月5日からラスベガスで開幕した国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES2022)に現在開発中の最新技術を出展した。 現在の自動車技術は、コネ...

SIP自動運転 Tier1のシステムはどこまで進化しているか試乗テスト

タイトルにあるSIPは当サイトで何度もお伝えしているように、内閣府が進める国家プロジェクトで「戦略的イノベーション創造プログラム」を略している。第1期が2014年から2018年までの5年間で、現在は第...

【衝撃】コンチネンタルの目指す次世代像 内燃エンジンの技術開発は2025年で終了する!

この記事は2019年8月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン グローバル・サプライヤ...

コンチネンタルタイヤ  プレミアムコンタクト6が高評価【動画】

コンチネンタルタイヤのスポーティコンフォートタイヤ「PremiumContact6(プレミアム・コンタクト・シックス)」は、ドイツの有力自動車専門雑誌AutoBild(アウトビルト)が実施した世界最大...

主要国ドライバーの意識調査 運転が楽しくない日本のドライバー

この記事は2019年4月に有料配信したものを無料公開したものです。 グローバル規模のメガサプライヤー、コンチネンタル・オートモーティブは2011年から定期的に主要市場で、ドライバーの運転に関する意識調...

最初に自動運転化されるクルマはどんなクルマ?

この記事は2019年1月に有料配信したものを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円 *写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン CES2019 日本の...

【東京モーターショー2019】コンチネンタル 電動化・自動運転・コネクテッド製品を出展

コンチネンタル・オートモーティブは、「Mobility is the Heartbeat of Life (モビリティは生命の拍動)」 をテーマに、第46回東京モーターショー2019に出展し、より安全...

【東京モーターショー2019】コンチネンタルタイヤ 先進のタイヤ/ホイール・コンセプト出展

コンチネンタルタイヤは2019年10月9日、10月23日〜11月4日にわたり東京ビッグサイトで開催される「第46回東京モーターショー2019」に、「Mobility is the heartbeat ...

【フランクフルトモーターショー2019】コンチネンタルタイヤ クラウドと接続する未来のタイヤ

コンチネンタルタイヤは2019年9月11日、フランクフルトモーターショー(IAA)で未来のタイヤ技術システムの「Conti C.A.R.E.」(コンチ・ケア)を発表した。「Conti C.A.R.E....

コンチネンタル 新開発スタッドレスタイヤ「ノース・コンタクト NC6」発売

コンチネンタル・タイヤは2019年8月19日、日本の凍結路面でより安全、より安心な走行ができることを目指したニュー・スタンダード・スタッドレスタイヤ「ノース・コンタクト NC6」を、9月から順次発売す...

【人とくるまのテクノロジー展2019】コンチネンタル 常時接続、自動運転などイノベーション技術を出展

人とくるまのテクノロジー展2019 コンチネンタル・オートモーティブは2019年5月16日、パシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019」に、自動運転、効率化、コネクティ...

コンチネンタル、新世代コンパウンド採用のハイパフォーマンス・エコタイヤ「エコ・コンタクト6」発売

コンチネンタルタイヤは2019年2月21日、次世代のコンパウンド・テクノロジー 「グリーン・チリ 2.0」を採用したハイパフォーマンス・エコタイヤ、「エコ・コンタクト6」を2019年3月から発売する。...

コンチネンタル、タンポポ由来の代替天然ゴム研究所を開設

コンチネンタルタイヤは、2018年12月にタンポポゴムの研究所「Taraxagum Lab Anklam (タラクサガム・ラボ・アンクラム)」を、ドイツのメクレンブルク・フォアポンメルン州のアンクラム...

コンチネンタルとクルマ・通信・ITS業界の主要会社連携による日本初セルラーV2X共同実証実験成功

コンチネンタルは2018年12月13日、エリクソン、日産自動車、NTTドコモ、OKI、クアルコムの各社が連携した5.8GHz帯を用いた日本初のセルラーV2X通信の実証実験が成功裏に終了したと発表した。...

コンチネンタル、カレンダーなどが当選するクリスマスプレゼント・キャンペーン実施

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは2018年11月30日から、クリスマスプレゼント・キャンペーンを実施する。 このキャンペーンは、コンチネンタルタイヤのWEBサイトにある特設キャンペーンページより、クイ...

コンチネンタル 完全自動運転バスなど最先端技術を試乗

【コンチネンタル テックライド2018】 コンチネンタル・ジャパンは2018年10月23日、同社の旭テストセンターで「Tech Ride(テックライド) 2018」を開催した。この「Tech Ride...

コンチネンタル ウィンター性能とウェット性能を両立したスタッドレス「VikingContact 7」発売

2018年7月24日、コンチネンタルタイヤ・ジャパンは新コンセプトのパターンデザインとコンパウンドテクノロジーの採用により、相反するウィンター性能とウェット性能を高次元で両立させた新スタッドレスタイヤ...

タイヤを「コンチネンタル プレミアム コンタクト6」に変えたら乗り心地とノイズが抜群に良くなった

マニアック評価vol605 新車装着時のタイヤがすり減って、「そろそろ交換時期だなぁ」となった時、何を基準にタイヤ選択をしたらいいか?価格も大事だが、性能はもっと大切。今回、標準装備がランフラットタイ...
コンチネンタル 電気自動車向けの次世代ブレーキシステムを初公開

コンチネンタル 電気自動車向けの次世代ブレーキシステムを初公開

2018年1月末に、コンチネンタルは次世代の電気自動車用ブレーキシステムや新世代の高性能車向け対向ピストン式キャリパーなどを日本で初公開した。

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る