ブリヂストン 天然ゴムを生み出すパラゴムノキの病害を簡単に検出できる診断技術を開発

パラゴムノキのプランテーション
パラゴムノキが栽培される熱帯雨林の大規模プランテーション

2015年11月30日、ブリヂストンは天然ゴム資源を生み出す「パラゴムノキ」の病害「根白腐病」を、簡単に正確に迅速に診断する画期的な簡易病害診断技術を新たに確立したと発表した。これによりパラゴムノキの保護や天然ゴムの安定供給を支援することができることになる。


ページのトップに戻る