【フォーミュラE】シーズン 9 からマセラティがベンチューリと組んで参戦

2022年4月7日、マセラティとROKiT Venturi Racingは、ABB FIAフォーミュラ E 世界選手権シーズン9への参戦をシーズン8の第4戦が開催されるローマで正式発表した。

ヴェンチューリのプリンシパル、ジェローム・ダンブロージオ

イタリアブランド史上初となるFIAフォーミュラ E 選手権への参戦を果たすマセラティは、「Gen3」と共にデビューする。史上最も速く、軽く、そしてパワフルなフォーミュラ E のシングル シーターの最新マシンは、同時にデザイン、製造、テクノロジーといった幅広い側面において も数々のイノベーションを内包していることでも注目を集めている。

ローマ E-Prix を前に、ROKiT Venturi Racing は今シーズンの世界選手権において、チーム及びドライバー部門の双方でトップに立っている。チーム史上最高の成績となったシーズン7は、2度の優勝、5度の表彰台を獲得し、エドアルド・モルタラがドライバー部門で2位となった。

シーズン8第2戦でヴェンチューリは1位モルタラ、3位ディグラッシが表彰台

シーズン8で撤退するメルセデスEQのパワートレーンを使用するベンチューリは、シーズン9よりマセラティで参戦しオリジナルのPUとなるのか注目される。ちなみにワークス参戦しているメルセデスチームはマクラーレンが変わって参戦する。

シーズン8のチーム体制はチームプリンシパルにジェローム・ダンブロージオ、CEOスージー・ウルフ、ドライバーはエドアルド・モルタラ、ルーカス・ディ・グラッシという体制だ。

シーズン8はメルセデスのPUで戦い来季はマセラティか?!

マセラティのCEO、ダヴィデ・グラッソ(Davide Grasso)は、
「モータース ポーツでフォーミュラ E に復帰することはマセラティにとって必然の成り行きでした。マセラティは情熱とイノベーションをブランドの原動力としています。我々は、同じ価値観と未来への展望を持つパートナーと共に、この冒険に乗り出せることを非常に嬉しく思っています。マセラティと ROKiT Venturi Racing チー ムは、同じ決意と願望のもとに、世界中のレースサーキットで勝利をつかみ取ることを目指します。」

ROKiT Venturi Racing 会長兼マネージングパートナー、スコット・スウィード(Scott Swid)は、「Gen3でマセラティと手を取り合うことは、我々にとって特別なニュースです。これはチームだけではなく、マセラティとフォーミュラ E にとっても素晴らしいことですが、それ以上に、マセラティのようなアイコニックなブランドが、最上級のモータースポーツに復帰を果たす瞬間を見届けるファンにとって素晴らしい出来事です。これはフォーミュラ E において我々が長期的かつ強力な基盤を形成できるだけでなく、世界でも名高いブランドが最も進歩的かつ急成長を続けるモータースポーツへ参入することは、ブランドの原点に帰還するという、昨今のスポーツ界における最もエキサイティングなストーリーの1 つとなるであろう瞬間なのです。」

ROKiT Venturi Racing CEO 兼マネージングパートナー、スージー・ヴォルフ(Susie Wolff)は、「マセラティとのパートナーシップの締結はチームの新たな章の始まりの象徴であり、メルセデスとのパートナーシップの成功に続いて、チームが望み得る最高の成果を手にしたことを意味します。モータースポーツ界で最も知名度の高いブランドの1つであるマセラティを世界的なフォーミュラシーンに復帰させる任務を任されたことは、ここ数シーズンの我々の成功を裏付けるものであり、商業的に成功し、タイトル争いの常連となった競争力を証明するものです。このコミットメントの元、チームは2023年から始まる次世代の戦いへ素晴らしい体制で臨むことができます。」

ステランティス モータースポーツのシニア バイス プレジデント、ジャン マルク フィノ(Jean-Marc Finot) は、
「マセラティフォーミュラ E チームとこの世界選手権で最も高い競 争力を備えたチームの1つである ROKiT Venturi Racing がパートナーシップを締結したことを大変嬉しく思います。Venturiが持つ高い技術力は、マセラティにとっても重要な財産となることでしょう。マセラテ ィのデザイン力、そしてVenturiのレーシングスキルと経験が組み合わさることで、非常に優れたパッケー ジがレースシーンに登場することになります。またパフォーマンスに対する両者共通のDNAと情熱も、このチームを一つにすることでしょう。」と語っている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る