トヨタ「アクア」にGRスポーツ追加! 一部改良で新色も設定

トヨタは2022年11月29日、コンパクト・ハッチバック「アクア」を一部改良するとともに、新たに「GRスポーツ」が追加され発売がスタートした。

アクア Z(2WD)ボディ色:ダークグレー×ポップオレンジクリスタルシャイン

現行アクアは2021年7月にデビューしており、今回が初の一部改良となる。この一部改良では、ボディ色にツートーン4色(Zグレードに新設定、ポップオレンジクリスタルシャインはBグレード除く)を新設定した。

アクア Zのインテリア

インテリアでは、ブラック×オレンジの内装色と合成皮革とチェック柄ファブリックをあわせたシート表皮をZグレードに新設定。その他に、自動防眩インナーミラー(ドライブレコーダー付)を全車にオプション設定した。

アクア GRスポーツ

初代アクアに設定されていたGRスポーツモデルが今回から現行モデルに追加設定されることになった。GRスポーツは、GR系のパーツを装備し、各所をチューニングしたスポーティ仕様のグレードだ。

今回発売する2代目アクア GRスポーツは、意のままに操れる歓びというコンセプトを踏襲し、先代アクア GRスポーツより操縦安定性や加速性能を一段と向上させている。

ボディ剛性の向上やサスペンション、パワーステアリング制御のチューニングを行ない、走行性能を向上。ベース車であるアクアの乗り心地の良さをキープしながら、様々な路面に追従するように仕上げている。

ボディ補強では、フロア下2か所へブレースを、さらにリヤバンパー・リンフォースを追加。これらの補強により操縦安定性の向上とフラットな乗り心地を生み出す。

フロントサスペンションは、ダンパーの減衰特性やコイルスプリングの専用チューニング、スタビライザーの特性変更、専用リバウンドストッパーの採用、ロワアームのブッシュの特性変更などにより、より優れた応答性、コントロール性、質感の高い乗り心地を生み出している。

リヤサスペンションでは、トーションビームにGRスポーツ専用のコイルスプリングやダンパーを採用し、さらに締結ボルトの強化などにより、操舵応答性の向上と質感の高い乗り心地を生み出している。

電動パワーステアリングもGRスポーツ専用にチューニングし、操舵フィールを向上。さらに、POWER+モードでは、よりスポーティな手応えを感じる特性としてスポーツフィールを高めている。

エクステリアでは、GRの共通装備であるファンクショナル・マトリックスグリル、空力特性のよい専用バンパーの採用や、ワイド&ローを強調したサイドスカーなどのボディパーツにより走行や空力性能の向上させている。

タイヤ/ホイールは、205/45R17タイヤ(POTENZA RE050A)と専用17インチ・アルミホイール(切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付き)を装着。また、フロントブレーキキャリパーはGRロゴ入りの赤色塗装でスポーティなイメージを強調している。

今回、アクア GRスポーツの追加により、市販モデルのスポーツチューン・モデル「GR スポーツ」の国内ラインナップは、計6車種となっている。

価格

アクア:199万7000円〜259万8000円(税込み)
アクア GRスポーツ:259万8000円(税込み)

トヨタ アクア 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト</a


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る