水素社会、燃料電池車FCVは本当に普及するのだろうか? VOL.2

雑誌に載らない話vol138
第1回では、燃料電池車(FCV)とEV自動車の違いを踏まえ、なぜ、燃料電池車の普及に力を注ぐのか?というポイントを整理してみた。化石燃料からの脱却が前提としてあり、クルマの燃料問題だけでなく産業エネルギーの変革としてとらえなければならない、という概念が国のエネルギー政策であるというところまでだったが、では、実際にどんなところまで進んでいるのか?など、今回は企業の立場からの講演をレポートしよう。<レポート:高橋 明/Akira Takahashi>


ページのトップに戻る