TGR ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)第4戦、第6戦に参戦

トヨタGAZOOレーシングは2022年6月23日、ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)第4戦、第6戦に参戦すると発表した。

トヨタGAZOOレーシングは本年のニュルブルクリンク24時間耐久レースへの出場は見送っているが、来年以降を見据え、国内テストやNLSへの参戦により出場車両を熟成させるとしている。

今回参戦するNLS第4戦(6月25日開催)は4時間の耐久レースで、ドライバーは片岡龍也、石浦宏明、佐々木雅弘、松井孝允の4選手を予定している。また、9月に参戦予定のNLS第6戦(9月10〜11日開催)は、6時間のレースが2日に渡り実施される合計12時間の耐久レースだ。

参戦車両は、レクサス LCと新たにGR86で参戦する。LCはボディの高剛性化や空力開発、サスペンション技術を中心に、将来の市販車に活かすための先行技術を投入た先行開発車量だ。新型GR86は、ニュルブルクリンクに初登場となる。

*印はトヨタ社員

トヨタ GAZOOレーシング 関連記事
トヨタ GAZOOレーシング 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る