スバル「レガシィ アウトバック」自動車安全性能2021 ファイブスター大賞を受賞【動画】

スバルは2022年5月25日、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)で、「レガシィ アウトバック」が2021年度の衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得し、「自動車安全性能2021 ファイブスター大賞」を受賞したと発表した。なお「自動車安全性能2020 ファイブスター大賞」を受賞した「レヴォーグ」に続く2年連続での受賞となっている。

今回大賞を受賞した「レガシィ アウトバック」は、衝突安全性能では、スバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造を採用したことで従来モデルに対し、車体強度の大幅な向上やフレームワークの最適化を実現し、衝突エネルギー吸収率を一段と向上させている。

またフロントフレーム下に前面衝突時の衝撃をより効果的に分散させるセカンドロードパスを採用し、自車の衝突安全性を高めるとともに、衝突相手車両の被害軽減を図っている。

衝突安全性能を高めるためにデュアルSRSエアバッグをはじめ、側面衝突時に備えるSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグ、シートベルトによる拘束保護性能を高める助手席SRSシートクッションエアバッグを採用。さらにスバル独自の装備として歩行者保護エアバッグを全車標準装備している。

予防安全性能では、視野を大幅に広げた新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現した新世代アイサイトを全車標準装備。ソフトウェアの性能向上や電動ブレーキブースターの採用などとあわせて、交差点の右左折時や見通しの悪い場所での出会い頭など、より幅広いシーンで衝突回避のサポートを行なうことができる。

また万一、交通事故やトラブルが発生した際に確かな安心でサポートするコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」を採用。24時間365日、クルマとクラウド、コールセンターが接続されており、ドライバーの安心感を向上させている。

試験結果:https://www.nasva.go.jp/mamoru/assessment_car/detail/100

自動車事故対策機構(NASVA) 公式サイト

スバル レガシィアウトバック 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る