スバル GP/GJ型インプレッサ 新世代エンジンを搭載し、ブランドを高めたヒット作 

0b50ba4c2b2f5225883341fc762da741
2014年型インプレッサ SPORT 2.0 iSアイサイト Active Style

スバル インプレッサは、誕生した初代からCセグメントのグローバル戦略車という役目を担っている。しかしその後は、紆余曲折を経て、4世代目となるインプレッサは2011年11月に登場し、アメリカ市場でのサブコンパクト・クラスのど真ん中にポジションを置くことにした。ヨーロッパではCセグメントは市場の中心となる才色兼備の重要なモデルであるが、アメリカではサブコンパクトカーは、Cセグメントよりややボディサイズが大きな低価格帯の実用車といったイメージが強い。新型インプレッサはその中でトップの性能や質感を狙っているのだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る