三菱「eK」シリーズ改良&「eKスペース」に特別仕様車「アクティブギア」設定

三菱は、ハイトワゴンタイプの軽自動車「eKワゴン」「eKカスタム」、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「eKスペース」の予防安全性能を向上させ、全車「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」とした。さらに、eKカスタムに加えeKスペースにも、オレンジ色をアクセントカラーとした特別仕様車「アクティブギア」を設定。いずれも2018年5月28日から全国の系列販売会社を通じて販売を開始する。

三菱 eKワゴン フロントスタイル
eKワゴン「T Safety Package」
三菱 eKスペース アクティブギア フロントスタイル
eKスペース 「ACTIVE GEAR」
ACTIVE GEARコンプリートパッケージ(ディーラーオプション)装着車

車両本体の消費税込みメーカー希望小売価格は、eKワゴンが1,109,160円〜1,580,040円、eKカスタムが1,512,000円〜1,701,000円、eKスペースが1,317,600円〜1,977,480円。また、特別仕様車アクティブギアのeKカスタムは1,702,080円〜1,809,000円、eKスペースは1,978,560円〜2,085,480円となる。
なお、2017年10月に発売し好評を博した、特別仕様車「eKシリーズ プラス エディション」も対象車種、グレードを拡大し継続販売する。

■予防安全技術「e-Assist」の強化

eKシリーズの主な変更点となっている、予防安全技術「e-Assist」の内容強化については、まず全車に標準装備される衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]の機能向上が行なわれている。従来モデルのレーザーレーダーに代わり、フロントカメラを採用。前方の歩行者の検知を可能とした。

さらに作動車速域を、対車両は従来の約30km/h以下から、約10km/h〜80km/hまで拡大したのも今回の変更点。対歩行者も約10km/h〜60km/hとされ、優れた安全性を確保している。

従来の誤発進抑制機能に軽自動車初の歩行者対応(前進時)を追加した、踏み間違い衝突防止アシストを全車に標準装備した点も注目だ。従来モデルでは、前進時に障害物を検知した場合にのみ誤発進抑制機能が作動したが、今回のものは、障害物に対しては前進時および後退時ともに作動。さらに、前進時には対歩行者や対車両にも作動し、エンジンの出力制御やブレーキをかけて衝突を回避または衝突被害を軽減する。

なお、前進時に歩行者に対して作動する踏み間違い衝突防止アシストは、軽自動車として初採用となる。センサーはレーザーレーダーに代わり、フロントカメラと前後各4箇所に装着されたソナーが採用されている。

また、新たに車線逸脱警報システム[LDW]を設定することで、「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」に該当するようになったわけだが、これはフロントカメラによって車両前方の車線位置を監視し、車線を逸脱する、もしくは逸脱しそうになると、ドライバーにメーター内の警告灯と警報音で注意を促すというもの。採用車種はeKワゴンおよびeKカスタムの「G Safety Package」と「T Safety Package」、eKスペースの「カスタムG e-Assist」、「カスタムG Safety Package」、「カスタムT e-Assist」、「カスタムT Safety Package」となっている。

この他にも、オートマチックハイビーム[AHB]を採用するグレードを拡大。視界の面で安全性の向上を図った。eKスペースの「カスタムG e-Assist」と「カスタムT e-Assist」に新採用されることになった。

■特別仕様車「アクティブギア」の設定

今回のマイナーチェンジのもう一つの目玉となる特別仕様車アクティブギアは、eKスペースをベースに、フロントグリルのラインやドアミラーにオレンジ色を施し、エクステリアの要所に専用デカールを採用。ステアリングホイールにもオレンジ色のステッチでアクセントを付ける等、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した特別仕様車となっている。

ボディカラーは、21,600円の有料色となるホワイトパール/ブラックマイカに加え、チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ、モノトーンのブラックマイカの3色展開。センターパネルにはアクティブギア専用デカールも施され、オレンジ色のワンポイントデザインでアクセントが付けられている。またテールゲートガーニッシュをブラックにしているのも、このモデルの特徴のひとつだ。

同時にeKカスタムのアクティブギアも、よりデザインにこだわった仕様に変更されて、継続設定。ボディカラーにブラックマイカを追加し3色展開としたほか、ホイールセンターキャップのスリーダイヤをブラックからメッキ調に変更し、センターパネルにアクティブギア専用デカールを追加した。

もうひとつの特別仕様車であるeKシリーズ プラス エディションも、eKワゴン、eKスペース、eKカスタムのそれぞれに、継続販売のモデルに加え新たなモデルを設定。内容にも見直しが図られ、ステアリングオーディオリモコンスイッチ、リヤスピーカーなどを標準装備するようになった。

さらに目を惹かれるのは、税込179,280円相当の特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション[ハイスペックモデル]をプレゼントする特典付きという点。ベース車から価格を据え置いているだけに、非常に買い得感の高い特別仕様車となっている。

三菱 eKワゴン eKスペース 価格表

eKワゴン オフィシャルサイト(三菱自動車)
eKカスタム オフィシャルサイト(三菱自動車)
eKスペース オフィシャルサイト(三菱自動車)
eKスペースカスタム オフィシャルサイト(三菱自動車)

三菱 ekスペース 関連情報
三菱 ekワゴン 関連情報
三菱 関連情報


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る