マツダ 軽トラ「スクラムトラック」を一部改良

マツダは2019年9月26日、高い実用性と優れた燃費性能が特長の軽自動車トラック「スクラムトラック」を一部改良して発売した。なおスクラムトラックはスズキ・キャリイのOEMモデルだ。

マツダ 軽トラ「スクラムトラック」を一部改良

今回の一部改良では、新たに夜間歩行者検知機能を備えた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」をKXグレードの全車に標準装備、「KCエアコン・パワステ(AT車)」にメーカーオプション設定した。

これにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する安全運転サポート車の「サポカーSワイド」に該当することになった。

デュアルカメラブレーキサポート装着車は、誤発進抑制機能(前進+後退時)、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、車線逸脱警報機能、オートライト機能、ハイビームアシスト機能、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)+トラクション・コントロール・システム(TCS)機能を併せて採用し、安全性能を向上している。

【価格】

マツダ スクラムトラック 価格

マツダ スクラムトラック 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る