マツダ 「ロードスター」を一部改良&特別仕様車「シルバー・トップ」設定

マツダは2019年11月14日、小型オープン・スポーツカー「ロードスター」(ソフトトップ/リトラクタブルハードトップ)を一部改良するとともに、特別仕様車「シルバー・トップ」を設定し、受注を開始した。12月5日に正式発売される。

ロードスター RF VS バーガンディ・セレクション
ロードスター RF VS バーガンディ・セレクション

モデル概要

今回は、4代目ロードスターのコンセプトである「人生を楽しもう」をさらに深めることを目指し、細部を改良した。ボディカラーに新世代商品「マツダ3」から採用している「ポリメタルグレーメタリック」を追加。金属の硬質感と樹脂特有の滑らかな艶感を融合させ、これまでの外板色とは異なる陰影を生み出すことができる。また、ステッチカラーを従来の赤から明るいグレーに変更するなど、上質さを高めた内外装色の組合せを新設定している。

オプションのレイズ製鍛造ホイールとブレンボ製キャリパー
オプションのレイズ製鍛造ホイールとブレンボ製キャリパー

「ロードスター」は、レイズ社と共同開発した鍛造16インチ・アルミホイールを設定。鍛造製のため約3kgの軽量化を実現している。さらに、RAYS社製ホイール装着車にはブレンボ社製フロントブレーキをオプションとして設定している。

ロードスター RF バーガンディ・セレクションのインテリア
ロードスター RF バーガンディ・セレクションのインテリア

「ロードスター RF」は、鮮やかさと深みを両立したバーガンディ・レッドのナッパレザーインテリアを採用した新機種「VS バーガンディ・セレクション」を追加した。

また、先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスト SCBS)」に夜間歩行者検知機能を全機種に追加し、前モデルから継続して、全機種で「サポカーS・ワイド」に対応している。さらにマツダコネクトが新たにApple CarPlay、Android Autoに対応(ソフトトップのS、NR-Aを除く全車)している。

特別仕様車「シルバー・トップ」
特別仕様車「シルバー・トップ」

特別仕様車「シルバー・トップ」はグレー色の幌を採用し、これまでのロードスターとは異なる、モダンで落ち着いた雰囲気を生み出している。

【ロードスター ソフトトップ 価格】

ロードスター ソフトトップ 価格

【ロードスターRF 価格】

ロードスターRF ハードトップ 価格

マツダ ロードスター 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る