マツダ 手動運転装置を備えたMX-30とロードスターを国際福祉機器展に出展

マツダは2022年9月26日、10月5日〜7日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される、世界の介護・福祉機器を一堂に集めた国際展示会「第49回 国際福祉機器展 H.C.R.2022」(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)に、手動運転装置付き「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」と、「ロードスター Self-empowerment Driving Vehicle」の2台を出展すると発表した。

「セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル(SeDV)」という名称は、障害のある人が自分の意志で移動したり、行動したりすることをサポートする選択肢の一つとして提案する、手動運転装置付車を意味する。

MX-30 SeDVは運転システムには、手で直感的に加減速を行う「アクセルリング」と、「レバーブレーキ」を採用し、意のままに操れる手動運転を実現。また、手動運転とペダルによる運転操作の選択が簡単に行なうことができ、友人や家族と運転を交代したり、シーンに応じて運転システムを切り替えてのドライブも可能になっている。

ロードスター SeDVは、人馬一体の走りを象徴するROADSTERを、手動運転操作で楽しめるようにしている。コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートなどを装備している。

また、ブース内では、障害があってもオシャレをしたいとの想いから誕生したジーンズ「Flying Jeans」のプロジェクトメンバーとSeDVの開発主査による、ものづくりへの想いを語るる特別トークセッションを実施する予定だ。

マツダ福祉車両公式WEBサイト:https://www.mazda.co.jp/cars/welfare/

「第49回 国際福祉機器展 H.C.R.2022」公式WEBサイト:https://hcr.or.jp/

マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る