マツダ 新型モデル「MX-30」を発売

マツダは新世代商品群の第3弾である、新型コンパクトSUV「MX-30(エムエックス サーティー)」のマイルドハイブリッドモデルを、2020年10月8日より発売しました。


「わたしらしく生きる」をコンセプトに、「MX-30」はクルマとともに自然体で自分らしい時を過ごすことを目指し、創造的な時間と空間を提案するコンパクトSUVとしています。

創造的な時間と空間は、親しみやすさや温かみを感じるデザイン、開放的で創造性をかき立てるフリースタイルドア、そして心地の良い室内空間によって生み出されます。

なお、「MX-30」のEVモデルは、日本市場では2021年1月に発売が予定されています。

マツダの代表取締役社長兼CEOである丸本 明(まるもと・あきら)氏は、次のように語っています。
「『MX-30』は、もっと自由な発想でクルマを使いたいと願うお客さまに向けた、マツダブランドの幅を広げるモデルです。 『MX-30』では、お客さまの自由な発想で、居心地の良い車内空間で、さまざまな使い方を楽しんでいただく、 そのような「走る歓び」をお届けすることを目指しています」

純粋な楽しさをもたらす、ドライビング体験

SKYACTIVエンジンやスカイアクティブ ビークル アーキテクチャーなどの技術をベースに、エンジン、モーター、ブレーキ、ジェネレーターなどを協調制御し、滑らかで上質な動的性能を高効率に実現する電動化技術「e-SKYA CTIV(イー・スカイアクティブ)」を採用しています。

このマイルドハイブリッドモデルには、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッド システム「Mハイブリッド」を組み合わせた「e-SKYACTIV G」を搭載し、静かでスムーズな加速と上質なドライブフィールを実現しながら、モーターがエンジンをアシストすることで低燃費にも貢献します。

魂動デザインの拡がりにチャレンジするデザインコンセプト「Human Modern」

クルマに対する価値観の変化や、新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、親しみやすさや温かみを感じるデザインとし、「Human Modern(ヒューマン モダン)」をコンセプトとしています。人の手が生み出す造形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のもと、表現に拡がりを持たせることに挑戦しています。

エクステリアは、大胆な塊そのものが持つ美しさを際立たせるため、シンプルな立体構成に徹し、親しみやすい表情を表現。キャビンデザインはフリースタイルドアとフレームドトップと呼ばれる3トーンのボディカラーによって軽快感を表現しています。

インテリアは、フローティングさせたコンソールや、サスティナビリティをテーマとした個性的な素材使いなどにより、「開放感に包まれる」空間を実現。ボディカラーは、3色のフレームドトップを採用した3トーンカラーと、4色のモノトーンカラーが設定されてます。

細部にわたる造り込みと環境に配慮した素材によって、心がととのう室内空間

コンソールトレイに採用している「ヘリテージコルク」は、伐採ではなく、木の表皮を収穫することで作られる環境負荷の少ないサステイナブルな素材として、コルクの触感と温かみのある表情を活かした仕立てとしています。

ドアトリムには、「呼吸感素材」と呼ばれるペットボトルのリサイクル原料からできた繊維素材を採用。空気を含んだかのような風合いにより、室内空間に素材による開放感を表現しています。

エアコン操作パネルには、直感的で安全に操作が可能なタッチパネル式をマツダ車として初めて採用しています。

音響システムでは、必要な音だけが心地よく耳に届くオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニック・アコースティックス)」(8スピーカー)を標準設定。また、音の立体感や明瞭度を磨き上げたボーズ サウンド システム(12スピーカー)を、オプションで設定しました。

グローバル通信プラットフォームに対応した車載通信機も標準設定し、コネクテッドサービスとスマートフォンアプリ「My Mazda(マイ・マツダ)」との連 携による利便性の向上や緊急通報サービスなどにより安心なカーライフをサポートします。

安心して運転を楽しめるように、進化した安全性能

マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」のもと、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」をさらに強化。

被害軽減ブレーキ技術スマート・ブレーキ・サポート(SBS)に交差点での衝突事故回避・被害軽減をサポートする機能をオプションとして新たに設定。ステアリング操作をアシストして、白線が引かれていない道路(縁石など)での逸脱回避をサポートする機能や、後側方から接近する車両との衝突を回避または被害軽減をはかる新技術を導入しています。

センターピラーレスのフリースタイルドアを採用しながらも、高強度かつ効率的なエネルギー吸収構造により、高い衝突安全性能を実現しました。

MX-30特設サイト:https://www2.mazda.co.jp/cars/mx-30_special/
MX-30車種サイト:https://www.mazda.co.jp/cars/mx-30/

マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る