【マツダ】新型マツダ6(アテンザ)が防府工場でラインオフ セレモニーにワゴンが登場

新型マツダ6(アテンザ) ラインオフ式
新型マツダ6(アテンザ)のラインオフ式。ワゴンのルーフライン、フォルムがよくわかる

2012年8月2日、マツダは5年振りのモデルチェンジとなる新型「マツダ6」(アテンザ)の生産を山口県にある防府第2工場で開始し、ライオンオフ式を行った。この式典での生産1号車はSKYACTIV-G 2.0 ガソリンエンジンを搭載したヨーロッパ仕様のワゴンモデルだった。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る