ホンダ クルーズ GM 年内に自動運転車の国内技術実証を開始【動画】

ホンダとGMクルーズ、GMは、2018年10月に結んだ資本・業務提携関係に基づき、日本での自動運転モビリティサービス事業に向けた協業を行なうことで基本合意したと2021年1月20日発表しました。

日本でクルーズ・オリジンを使用するモビリティサービスのイメージ

GMクルーズ社は、すでにアメリカでGMのアルティウム電気自動車プラットフォームを採用する自動運転MaaS車両(乗り合い小型バス)の実現に向け計画を進めていますが、今回の協業の合意により、日本でも本格的な電気自動車の自動運転車両によるモビリティサービスの実現性が高まってきたといえます。

サンフランシスコで運用が予定されているクルーズ・オリジン
GMの電気自動車用アルティウム・プラットフォーム採用第1号となるクルーズ・オリジン

まずは2021年中にGMのボルトEVをベースとしたクルーズの試験車両を活用し、日本での共同開発の一環として、国内での技術実証の開始を目指します。

シボレー ボルト(EV)ベースのクルーズ AVで実証実験を開始

将来的には、クルーズ、GM、ホンダの3社が共同開発している自動運転モビリティサービス事業専用車両である「クルーズ・オリジン」を活用した事業展開を目指しており、その事業運営は、2020年2月に新設したホンダモビリティソリューションズが担う予定になっています。

GM 公式サイト
GM クルーズ 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る