プジョー「208」のWLTCモード燃費値を5%向上 グレード呼称と一部装備も変更

グループPSAジャパンは2021年2月24日、プジョーブランドの主力コンパクトハッチバック「208」、「e-208」のGT LineグレードをGTに呼称変更するとともに、ガソリンエンジンモデルのWLTCモード燃費を5%向上させる商品改良を実施しました。またこれに合わせ、一部グレードの装備も変更しています。

ガソリンエンジンの燃費向上

208に搭載されているピュアテック1.2Lエンジンは、全グレードでWLTCモード燃費が5%アップの17.9km/L(旧数値は17.0km/L)となり、排ガス基準四つ星レベル(50%低減認定車)を取得。エコカー減税の対象となりました。

各グレード別の燃費は下表のようになっています。

各グレードの変更点と装備追加

208、e-208の最上級グレードのGT Lineは今回からGTへと呼称が変更され、車体各部のエンブレムもGTに変更されています。

GT Lineから「GT」に呼称を変更し、装備も向上

17インチアロイホイールのカラーをダークグレーに変更(e-208 GTのホイールは変更なし)。またフロントシートヒーターを標準装備化しています。208アリュール、e-208アリュールは、装備の変更はありません。

208 StyleはLEDヘッドライト、グレーのアロイホイールを新装備

エントリーグレードの208 Style(受注生産モデル)は、ヘッドライトがLEDとなり、16インチアロイホイールのカラーはグレーとなります。

価格

プジョー 208 関連記事
プジョー 関連記事
プジョー・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る