メルセデス・ベンツ Sクラスに「S580 4MATIC」「S580 4MATICロング」を追加

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、Sクラスに新たに「S580 4MATIC」、「S580 4MATIC ロング」を追加し、先行予約の受付を開始しました。

S580 4MATIC ロング AMGライン

両モデルには3982ccのV型8気筒ツインターボエンジン「M176型」に48VシステムとISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせたマイルドハイブリッド・ユニットを採用しています。

エンジン単体の最高出力は503ps、最大トルクは700Nmで、低中負荷域で気筒休止する機構も備えています。

ISGは、エンジンとトランスミッションの間に配置され、最高出力20ps、最大トルク208Nmを発生。回生ブレーキによる発電を行ない、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電します。

エンジンの低回転時には、その電力を利用して駆動アシストを行なうことで力強い加速を実現します。スターターが従来より高出力なモーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップからの再スタートの快適性も向上。

さらに、このモーターはシフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行ない、シフトチェンジに必要な時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現しています。

標準ボディのS580 4MATIC

またこのモデルは、オプションでフルアクティブ・サスペンション「E-アクティブ・ボディコントロール」も設定しています。エアマチックのシステムをベースに4輪それぞれに48V対応のアクチェーターを追加し、スプリングレートとダンパーの減衰力を個別制御することができます。

ロードサーフェス・スキャンはステレオカメラで前方の路面のアンジュレーションをモニターし、あらかじめダンパーの減衰力を演算して準備する機能で、これによりタイヤへの初期入力から適切に減衰させるとともに、ばね上にその振動を極力伝えずフラットな乗り心地を提供できます。ダイナミックカーブ機能はコーナリング時のロールによるばね上の傾きを修正し水平になるよう制御します。

さらに衝突安全性に寄与する機能も採用されており、側面衝突の可能性があると車両側が判断すると、運転席/助手席のバックレストのサイドサポートに内蔵されたエアクッションが膨張してドアと乗員の間をサポートするだけでなく、E-アクティブ・ボディコントロールが瞬時に車高をアップし、頑強な構造部分であるサイドシルでも衝撃力が受け止められるように機能します。

価格

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


ページのトップに戻る