メルセデス・ベンツ クーペのような曲線美を持つ「Eクラス ステーションワゴン」を導入開始

メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表し、全国の正規販売店ネットワークを通じて発売を開始した。開発のテーマとして「メルセデス史上、もっとも知的なワゴン」を掲げた新型は、クーペのような美しい曲線美をリヤエンドに取り入れたデザインと、大容量ラゲッジスペースを大きな訴求ポイントとしてアピールする。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る