メルセデス AMG 国内50台限定「E 63 S 4MATIC+Final Edition」登場

メルセデス・ベンツ日本は2022年12月22日、「Eクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+Final Edition」を発表した。世界で999台、日本では50台限定となる特別仕様モデルは既に受注が開始されている。

現行のEクラス(W213型)は2016年に発売され、2020年にマイナーチェンジされているが、モデル・ライフの最終段階でメルセデスAMG E63のファイナル・エディションとして、この限定モデルが登場している。

エクステリアは、この特別仕様車だけのグラファイトグレーマグノ(マットカラー)を設定し、サイドにはAMGのロゴマークを想起させる専用デカールや、カーボンファイバー製のパーツを配するなど、ダイナミックで迫力あるエクステリアとしている。

さらに、20インチのAMGクロススポークホイール(鍛造製)や、AMGカーボンセラミックブレーキ、AMGロゴプロジェクター、CピラーにAMGエンブレムを特別装備。

インテリアは、専用バッジ「FINAL EDITION 1 of 999」をセンターコンソールに装着し、E63の最終モデルとなる特別な1台であることを証明している。内装にはイエローステッチを施したAMGナッパレザーチタニウムグレーパールとブラックの2色で構成され、通常モデルでは設定のないAMGパフォーマンス・シートやイエローステッチが入ったAMGパフォーマンス・ステアリングを装備している。

さらに、暑い時期のシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター(運転席・助手席)、トリムの各所にカーボン素材を配置し、ルーフは解放感あふれるパノラミックスライディングルーフを装備している。

この特別仕様車のベース・モデル「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」はシリーズ最速のモデルで、最高出力612ps/850Nmの4.0L・V型8気筒ツインターボ・エンジンを搭載。0-100km/h加速3.4秒という俊足を発揮する。

サスペンションは、パフォーマンスだけでなく、快適性も兼ね備えた3チャンバー式エアサスペンションを装備し、アダプティブダンピング・システムを採用することで、卓越したドライビングダイナミクスと快適性を両立。

ドライブモードは「Slippery」、「Individual」、「Comfort」、「Sport」、「Sport+」、「Race」の6モードを採用している。

価格

メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+Final Edition(右/左ハンドル:各25台):2447万円(税込み)


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る