メルセデス・ベンツ「Gクラス」に2機種の台数限定の特別仕様車登場

メルセデス・ベンツ日本は2022年7月28日、、クロスカントリーSUVの「Gクラス」に2機種の台数限定の特別仕様車、「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition(マグノヒーロー・エディション」と、「メルセデスAMG G 63 Edition 55」を設定し、受注を開始した。「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition」は300台、「メルセデスAMG G 63 Edition 55」は200台の限定台数となっている。

メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition

メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition

ベースモデルの「メルセデスAMG G 63」は、クロスカントリー4WDとしてのGクラスに、AMGのモータースポーツで培ったテクノロジーと、AMG製4.0L・V8ツインターボから585ps/850Nmを発生するハイパワー・エンジンを搭載したトップパフォーマンスモデルだ。

もちろんメルセデスAMG G 63専用装備として、圧倒的なパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時には硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを 実現するAMGモデル専用サスペンションを装着している。

エクステリアは、ドイツ本社で新たに設定されたマットペイント外装色「グリーンヘルマグノ」、「マグノオパリスホワイト」、「マグノコッパーオレンジ」の3色がラインアップされている。

バンパー、ルーフトップ、ドアミラー、スペアホイールカバーリングなどにマグノナイトブラックのアクセントを採用し、前後のスリーポインテッドスター、モデルバッジをブラック仕様にし、ヘッドライトやウインカーをブラックスモーク仕様にするなどにより特別感のある仕上げとなっている。ホイールは、マットブラックペイント22インチAMGクロススポーク・アルミホイールを特別装備。

インテリアは、 カーボンとDINAMICA(ダイナミカ)を使用したAMGパフォーマンスステアリングを装備。さらに、暑い時期のシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター(運転席/助手席)、リラクゼーション機能(運転席/助手席)を備えた滑らかな肌触りでダイヤモンドステッチ入りのナッパレザーシートや、ナッパレザーダッシュボードを標準装備している。なお、レザーには外装色に合わせたステッチが組み合わされる。

価格・装備

メルセデスAMG G 63 Edition 55

ベースモデルは「メルセデスAMG G 63」で、AMG製の4.0L・V8ツインターボ・エンジンを搭載し585ps/850Nmを発生する。また、AMG専用のハイパフォーマンス・シャシーを装備している。

AMG創業55周年を記念するこの特別仕様車のエクステリアは、オブシディアンブラック(限定100台/無償)とオパリスホワイト(限定100台/有償オプション)を設定している。
6-g63edition55-interior-1.jpg

サイドミラー、スペアホイールカバーリングにオブシディアンブラックのアクセントを採用している。さらに、マットタンタライトグレーペインのト22インチAMGクロススポーク・アルミホイールと専用デカールを特別装備。

インテリアは、本特別仕様車の「Edition 55専用ロゴ」を配したDINAMICA仕様のAMGパフォーマンスステアリングを採用し特別感を高めている。

さらに、暑い時期のシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター(運転席・助手席)、リラクゼーション機能(前席)を 備えた滑らかな肌触りのナッパレザーシートや、トリムの随所にカーボンを採用することでスポーティなインテリアを演出するAMGマットカーボンインテリアトリムを標準装備している。

価格・装備

メルセデスAMG 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る