【リコール】メルセデス・ベンツ「G350d」のエンジン制御に不具合

メルセデス・ベンツ日本は2021年12月2日、「G350d」のエンジン制御に不具合があるとしてリコールを届け出た。

この不具合情報は本国からのもので、不具合の内容は、生産現場での指示が不適切であったためエンジン制御用のECUのプログラムが誤った内容が格納されているというもの。そのため、排気ガスが基準値を超える恐れがある。

対策は該当車両のECUのプログラムを正規のプログラムに書き換えることになる。

該当車両は2015年12月~2016年8月までの間に輸入されたG350dで、合計103台。

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る