【メルセデス・ベンツ】Specialist海外試乗記 新型Aクラス、キーワードは「スポーティ」 レポート:石井昌道

マニアック評価vol128

従来とはガラリとイメージをかえて登場した新型Aクラス。従来モデルは、1997年にデビューし、将来的にEVや燃料電池車のユニットを搭載するスペース、および独自の衝突安全性を確保するクラッシャブルゾーンとして床を二重にするというユニークなサンドイッチ構造を採用。それはそれで自動車の未来を見越したメルセデス・ベンツらしい思想だったのだが、15年の時を経て情勢が少々変わってきたのだという。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る