マセラティ、究極のハイパワーSUV「レヴァンテ」「クワトロポルテ」「ギブリ」2019年モデル発表

マセラティ・ジャパンは2018年11月13日、「レヴァンテ」「クワトロポルテ」「ギブリ」の2019年モデルを発表した。レヴァンテ初のV8エンジン搭載モデル「レヴァンテ トロフェオ」と「レヴァンテ GTS」が新たにラインアップに加わっている。
マセラティ、究極のハイパワーSUV「レヴァンテ」「クワトロポルテ」「ギブリ」2019年モデル発表

レヴァンテ

2016年にデビューした「レヴァンテ」は、マセラティの歴史に初めて登場したSUVで、日本市場におけるマセラティの販売に大きく寄与している。 2019年モデルには、レヴァンテ初のV8エンジン搭載モデル、「レヴァンテ トロフェオ」と「レヴァンテ GTS」の2モデルが追加された。

レヴァンテ トロフェオ
レヴァンテ トロフェオ

トロフェオのインテリア
トロフェオのインテリア

「レヴァンテ トロフェオ」は究極のSUVと位置づけられ、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は304km/hに達するハイパワーモデルだ。搭載されるエンジンは、マセラティのQ4インテリジェントAWDシステム専用に設計された3.8L 90度V8ツインターボ・エンジンで、最高出力590ps/6250rpm、最大トルク734Nm/2250rpmを発生する。リッター当たりの出力はマセラティ史上最高の156ps/Lで、他のガソリンエンジンと同様にフェラーリのマラネロ工場で手組みされるユニットだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る